自分の強み発掘作業は「強み」を書き出してはダメ | ZOOMでマイペースに月30万~100万を目指す!おっとりオンライン起業レッスン! おっとりオンライン起業コンサルタント久保田くうき

ZOOMでマイペースに月30万~100万を目指す!おっとりオンライン起業レッスン! おっとりオンライン起業コンサルタント久保田くうき

日本最大17000人の女性コミュニティを運営する、おっとりオンライン起業コンサルタント。おっとりな女性でもマイペースのまま月30万~100万円の収入を目指すオンライン型起業のノウハウをお伝えしています。zoom、オンラインサロンの活用法も伝授!
東京⇒全世界

自分の強み発掘作業では、

「強み」を書き出してはダメです!
 


やりたいことでビジネスをしようと思っている方、、、
よく、その起業ネタを探す目的で、自分自身の強み発見や強み発掘など

自分の「強み」を書き出すようなワークをしたことはありませんか?

 

 

そのときに、どんどん思いつくままに書き出すことは大事なのですが、
自分の「強み」を書き出そうとするとなかなか出てきません。
 


なので、そのときに意識すべきは、

あまり「強み」という言葉を意識せず、

 


1自分が大好きなもの、大好きなこと

2ちょっと他の人と自分が違っていること、変わっていること。
3人から、「〇〇さんって、〇〇なんですね」とか言われたこと。

 


などをどんどん書き出してみることを意識してください。
できれば、それを一人で出すだけで終わらず、人に見せたり、

グループで出し合ったり、コンサルタントさんに見てもらったりしたほうがいいです。
 


大事なのは、そのあと、質問してもらったり、

さらに詳細を話したりして、

自分が気が付かなかったことを引き出してもらうことです。
 


上記1~3にあげたことは、

自分が「強み」とは思っていなかったことでも

他の人から見たら「強み」になっていることが多いからです。
 


だから、「強み」を意識して書き出そうとすると

なかなか出てこない。

 


最初から、

「強み」がすらすら書き出せるようであれば、

そもそも「強み」探しで悩むことはないわけですから。
 


またそのあと、それをもとに、クライアントさんに、

「強み」であることを気づかせてあげる、

ご自身の中に眠っている「強み」の原石を引き出してあげる、、、

 


それができる人が良いコンサルタントさんと言えるかと思います。