お懐紙のお返し | 40代からの自分再生ストーリー 色を味方にイキイキ輝く毎日を!

40代からの自分再生ストーリー 色を味方にイキイキ輝く毎日を!

アラフォー以上の似合う服が分からなくなってしまったあなたへ。今こそ自分自身を見直すチャンスです。名古屋のほめ達!パーソナルカラーアナリストの私が、色を通じてあなたの魅力と笑顔を引き出すお手伝いをします。似合う色を身にまとい輝く毎日を過ごしませんか。

懐紙って

ざっくり
茶道の時に使う紙お茶

のイメージしかありませんでした。

 

茶道も嗜まないし

和菓子も苦手なのであせる

「私には用がないな。」と。

 

 

ところが・・・

 

仕事も趣味も違う

ステキな友人との交友関係って

有難いですねハート

 

 

最近は白無地だけでなく

見るだけでも楽しいお懐紙が

たくさん出ているそうです。

 

]

☝昔話シリーズの「かぐや姫」

 

☝「桃太郎」

 

上2枚は今年4月の

『大人の遠足in當麻寺』

マナー講師の高田将代さんが

ご用意下さったもの。

 

 

周りの参加者の方々と

絵柄の違うものを交換する

お懐紙のお返し

(なんでやねん手をしました爆  笑

 

☝左上にうっすらとお花模様

 

お懐紙が好きなコレクターの方も

いらっしゃいました音譜

 

ご当地ならではの絵柄がついた

お懐紙もあるそうで

お土産として購入されることもあるそう。

 

 

☝梅雨時期にぴったりな傘の絵柄

 

実際に日頃からお懐紙を

携帯している女性が

 

◎一言添え書きをされる

 

◎現金を包んでお渡しする

 

◎戴いたお菓子を包む

 

◎食事の時に口元をふく

 

◎テーブルの水滴を拭く

 

時に利用されているのを

拝見しました。

 

 

サッと取り出して使われる様は

とてもスマートで

細やかな心配りと所作

魅了されましたラブ

 

 

「私には用がない。」

 

との勝手な思い込みが

新たな氣づきに変わる瞬間キラキラ

 

 

自分の世界が広がっていく喜びも

周りの人達との御縁のお陰と

感謝ばかりですクローバー