こんにちは。
アイシングクッキー・和菓子教室 " Smileward "のErikoです音譜
いつもお読み頂きましてありがとうございますおねがい
ほぼほぼ完成しながらも、最後の最後に上面の半生状態発覚により、またもや振り出し(迷宮入り)に…。

師匠に、その中でも割と出来の良い仕上がりのものを味見して頂きました。

『同じ温度でも、店などの大きいオーブンだと火が緩やかに入る。でも家庭の小さいものだと、火の入り方も急になる。だからこれ以上は何とも言えないなぁ。でも、これならもう充分じゃない?店でも売れるよ。』

と、冗談まじりの励ましを頂きました。

師匠である菓子遍路 一哲の酒井先生は、『技術は教えてもらうもんじゃない、盗め!』みたいな昔気質の職人さんではなく、誰が見ても、そして誰に教えてもわかりやすいように配合を細かく数字におこしたり理論に基づいて指導して下さったりするので、‘’ こうしたからこうなる ’’という原因と結果が明確化するんです。

なので師匠の下で学んでいると、ありがたいことに、‘’ こう仕上げたいならこうすれば良い ‘’という予測を立てた逆算もできるようになり、オリジナルレシピ作成も可能になりました爆笑

おかげさまで、ただレシピ通りに作って失敗した成功したというだけではなく、あらゆるパターンの失敗原因をある程度予測できる力をつけて頂いています。(勿論、まだまだですが。)

その師匠が仕方ないというなら…。
う〜ん、やはりそんなものなのか。
これくらいできたら上出来と、自分を褒めてあげるべきか。


師匠に指導して頂き、あらゆるレシピに目移りしては失敗し、自分が目指すところの理想的なカステラ配合を研究し、あと一歩のところまできたけどまだ一歩足りず…。


ここはひとつ原点に戻ってみようニコニコビックリマーク
ということで、今までまとめた情報を総動員し、固定概念を捨て…

どういうカステラが作りたいのか・食べたいのか。

それのみを考えてポイントを押さえ、焼いてみました。

そうしたら…



できました❗
焼けました❗
詰まりのない、生焼けもない、上から下までフワフワでしっとりな、理想とするカステラが❗
まぐれではなく、押さえるべきポイントも明確化し、これでひとまずカステラ失敗三昧の日々からは抜け出せそうです。

またまた長文失礼致しました。
長くなるので、ポイントなどまとめて明日また書きますね。


本日もお読みくださいましてありがとうございましたニコニコ

■現在募集中のレッスン一覧はこちら
■スマイルワードへのアクセスはこちら
■お問い合わせ全般はこちら

スマイルワードのホームページはこちらニコニコ
東京・JR目黒駅から徒歩3分のお菓子教室Smileward スマイルワード