水無月ですね。

テーマ:
こんにちは。
アイシングクッキー・和菓子教室 " Smileward "のErikoです音譜
いつもお読み頂きましてありがとうございますおねがい

6月といえば" 水無月 "。
練習を兼ねて作ってみました。
この水無月という和菓子、ご存知でしたか?
『勿論、知ってます。』という方は、もしや関西方面(特に京都)ご出身では?

元々、京都や大阪の方で食べられていたお菓子で、特に京都の方は、6月30日にこれを食べないと夏が来ない!というくらい、馴染みのあるものだそう。

産まれも育ちも神奈川県の私は、実はこのお菓子、つい最近まで知らなかったんですガーン
というより、恐らくあまり興味がなかったので目に入っていなかったのかも汗

最近では関東でもよく見かけられるようになってきましたが、それでもまだまだ知名度は低いでしょうか。

そもそもこれは何?
なぜ三角?
なんで水無月?

沢山の疑問が湧いてきます。
使っている材料はお店によって色々でしょうが、この三角形の上に豆がのっかっている、このビジュアルの和菓子を総じて水無月と呼ぶらしいです。

この三角は、氷室から切り出された氷のかけらを表していて、上の豆は魔除けなどの意味があるそう。
昔、宮中で暑気払いの為に氷を食べていたのですが、高級な氷を手に入れることができなかった庶民が、気分だけでも涼しくなるようにと模して作ったお菓子だそうで。

6月30日は1年のちょうど半分なので、この日に食べるという風習になったらしいです。
諸説あるので土地によって謂れは異なるかも知れませんが、和菓子の歴史には、こういった先人たちの知恵が沢山盛り込まれています。

そんな先人たちに思いを馳せながら、美味しく頂きます照れ

本日もお読みくださいましてありがとうございましたニコニコ

■現在募集中のレッスン一覧はこちら
■スマイルワードへのアクセスはこちら
■お問い合わせ全般はこちら

スマイルワードのホームページはこちらニコニコ
東京・JR目黒駅から徒歩3分のお菓子教室Smileward スマイルワー