地元の被災に対応 | 後藤茂之オフィシャルブログ「PEOPLE FIRST!」Powered by Ameba
2018-09-26 09:34:46

地元の被災に対応

テーマ:ブログ

1.台風21号は、西日本をはじめ想定をはるかに超える大きな被害を各地に与えました。地元でも9月4日19:00頃、大桑村の木曽川に架かる大桑橋が落ちる被害が発生しました。大桑橋は、昭和29年架設後64年を経過しており幅員も3.6mと狭小の上危険防止のため2トンの通行荷重制限も行っており、現在現橋240m下流に新橋の架け替え工事を進めています。【全体事業費24億円。平成33年度に新橋供用開始及び現(旧)橋の撤去予定】 一日も早い新橋の完成に努力します。また、流れた現橋梁に添橋していた上水道管については、新橋の工事用仮桟橋に付設して、復旧対応を図る予定です。

2.同日の大雨で、7月8日の大雨で約60mにわたって護岸が崩壊し、護岸上の村道38号線(併用村道)が崩落した王滝村の現場では、本工事のための仮締切堤防が流れて手戻りが生じましたが、平成31年の3月末完成の予定は変えず工事を再度改めて進めます。

3.同じく7月の豪雨により土石流が発生し、住宅、村道に被害が出た木祖村杣沢(そまざわ)については、未だに不安定土砂が堆積しているため、高さ8.5mの砂防堰堤をつくる緊急的砂防工事を実施することを急遽決めました。【災害関連緊急砂防事業 事業費 .5億円】               

4.野菜・果樹をはじめとした農作物の被害に対しても、現状を把握した上でできる限りの対応を行ってまいります。

5.国としても、災害復旧対策のため、臨時国会冒頭に補正予算が提出できるよう、補正予算編成作業を進めています。想定外の災害発生の中、国民の命と安全を守るため公共事業予算となる災害普及対策、安全な社会インフラ維持事業に適確に対応していくことも必要です。

 

後藤茂之さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース