2017-01-23 09:11:44

農山村の実態に即した改革を

テーマ:ブログ

1.規制改革会議農業ワーキンググループが突然、全農に改革の期限や数値目標を課す等を内容とする意見を発表したことについて、11月21日、二階自民党幹事長は、約1500人の農協組合長等が集まったJA緊急集会で、『皆さんと違った方向に自民党農政が進むことはない』と明言しました。農業WGには、そもそも農山村においてJAグループの果たしている役割の基本的な理解が必要です。年末に明確にした自民党の基本的考え方は以下の通りです。

 

①農協改革の際、旧農協法8条の「農協は営利を目的とする事業を行ってはならない」との条文を廃し、「農協は稼いで組合員に還元する」という7条を入れた趣旨は、農協に稼いでもらって必ず農家に還元し農家所得を上げることであり、これが全ての大前提である。

②確かに全農には改革は必要だが、5年間で自己改革を行うことによって全農のスケールメリットを生かし、地域農協との協同購入等で効果を最大限発揮するよう努力する。

③JA信用事業の代理店方式はあくまでも選択肢であって、JA自らが判断する。

組合員勘定(クミカン)制度は、農業者の選択によって実施されているものであり、機能向上のために改善する。

⑤指定生乳生産者団体が有する機能は維持する。条件不利地域からの確実な集乳、需給調整、飲用と加工向けを分けるルールを法制化する。

⑥全農の自己改革についてのフォローアップについては、与党及び農林水産省が緊密に連携しながら実施する。

 

2.党としては、年末に取りまとめた日本の農業構造の強化のための「農業競争力強化プログラム」(13項目)をしっかりと実行し、法制度の整備、予算化を進めます。まずは29年度予算でも早速に対応しています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-18 09:24:15

特色を生かした地域計画、地域指定を

テーマ:ブログ

1.これまで日本経済再生本部幹事長、第5期科学技術基本計画委員長、税調幹事として技術立国日本を牽引する仕事に取り組んできましたが、ものづくり関連の地方創生交付金事業として、平成283月に『諏訪圏6市町村によるSUWAブランド創造事業』を採択したのに続き、1130日には、『アジアNo1航空宇宙産業クラスター形成特区』に岡谷市、諏訪市、茅野市、下諏訪町、富士見町を追加指定しました。

もともと、宇宙・航空機メーカーを中心とした国際戦略総合特区として地域指定されていたものが、ボーイング787の大幅な増産、MRJ(三菱リージョナルジェット)の量産開始、ボーイング777Xの生産開始に伴う航空機部品等を生産する中小企業等の生産能力向上が必要とされることになったためです。

  優遇措置として緑地面積の特例、設備投資減税、利子補給金等が計画作成後に活用可能となります。

 

2.本年4月25日には、木曽郡、塩尻市を申請者とする『木曽路はすべて山の中~山を守り山に生きる~』が文化庁から、日本遺産に認定されました。木曽の森林文化、街道文化、伝統工芸、地場産業を木曽ブランドで全世界に発信するものです。

「日本遺産」は、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを認定して、地域活性化に日本遺産魅力発信推進事業補助金(3000万円程度/年 3年間)を配布するものです。2020年までに全国で100件程度を認定予定です。

29年度には日本遺産として、諏訪6市町村が川上村、長和町、山梨県の北杜市等とともに『星降る中部高地の縄文世界~誕生と再生のヴィーナス~』を申請準備中です。星降るように煌めく八ヶ岳を望む中部高地には、山の縄文文化が繁栄を誇り、国宝を始めとする縄文土器は精霊の宿る器として高い芸術性をもって作られていました。日本の文化の根底に流れる森羅万象への信仰、山麓から高山を生かす生活と祈りの文化が現在でも息づいていることをストーリーとするものです。

 

3.「モノ」から「コト」へ、地域発信にもストーリーが必要です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-04 13:44:14

平成29年 新年にあたって

テーマ:ブログ

1.明けましておめでとうございます。天候も良くおだやかな新春を

迎えましたが、新しい年が皆様にとってより良い年となりますこと を心からお祈り申し上げます。

本年は酉年です。「酉(とり)」に「シ(さんずい)」をつけると「酒」という字になります。酉年は、実りや熟成がおこなわれ、大きな飛躍が期待できる年と言われます。

 

2.昨年は、例年にもまして

政調副会長兼事務局長として、29年度予算、28年度補正予算の「編成方針」「党予算大綱」「予算フレーム」の作成、各省庁との予算の最終調整、

党税制調査会インナー幹事として、マスコミ各社からも取り上げられた「党税調大綱」案文の作成、懸案改正についての各省、各業界トップとの調整、

働き方改革に関する特命委員会(特命委員長は茂木政調会長)事務局長として、労使双方の意見を聞きつつ、『一億総活躍社会』実現と日本の成長のカギとなる働き方改革の「中間報告」のとりまとめ、

  をかかえ、本当に多忙で大変な年末でした。こうして仕事が一生懸命できるのも、皆様のおかげと心から感謝申し上げます。

 

3.現在、地方創生の実現に向けて、各市町村、地域が各々に知恵を出し合い協力し合ってがんばっています。地元の夢やアイディアの実現のため思いを一つにして国政における知見や力を最大限発揮する所存です。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース