2012-12-28 11:14:09

おかげさまで当選を果たすことができました。

テーマ:ブログ

12月28日(金)

 おかげさまで衆議院選挙において当選を果たすことができました。本当にありがとうございました。捲土重来を期した3年4ヵ月間、お支え頂いた後援会・支援者をはじめとした皆様お一人お一人に心から感謝申し上げます。現在の困難な状況に直面する日本の再生、国民生活の再建への決意から身の引き締まる思いです。

①円高・デフレの進行の中で、経済の空洞化、雇用の喪失がすすみ、国民は縮小していく経済の中で限界的な厳しさに苦しんでいます。何としても国家戦略を挙げて日本の再生、地域経済の再生を図らねばなりません。

②昨年の東日本大震災を通じて、私達日本人は家族の絆、地域の絆、道徳等の重要性を改めて深く認識しました。温かな社会、絆のある社会に建て直さねばなりません。

③今回の選挙の結果をみても、国民の政治に対する不信を強く感じます。政治の信頼回復のために政治改革、責任ある政策を着実に実行します。


 今回の安倍政権組閣において法務副大臣を拝命しました。これまで財政、金融、経済政策、厚生労働政策を担当してきた私にとっては次の新しい分野となりますが、『世界一安全な国、日本』を作るため、谷垣大臣のもと、法秩序の維持、国民の権利擁護のための法基盤の整備、検察改革、司法制度改革等に必死に取り組む所存です。また、

経済成長戦略、経済構造改革の推進のための商法、会社法、債権債務法、破産法等をはじめとした民事基本法制の見直し、制度改革。

尖閣諸島をめぐる警戒警備、テロ防止のための出入国管理体制の強化等危機管理体制、法制度の整備、適切な対処。

等といった緊急の課題に早急に対応します。


 今こそ、国民の力を結集して、日本の再生、地域の再生に取り組みましょう。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-12-03 10:12:05

子育て支援が大切

テーマ:ブログ

12月2日(日)

 急速な少子高齢化がすすむ中、子育て支援策の充実を通じて子育て家庭を支援することは、元気な日本の再生のために必要です。年金財政も1%強の成長率と西ヨーロッパ諸国なみの出生率が前提なら破綻しません。すべての子どもに教育の機会、チャンスを保障することは『やさしい社会』では当然のことです。


 フランス、イタリア、スウェーデン等西ヨーロッパ諸国では、子育て支援のGDP比が3%程度に達していますが、日本は、GDP比0.8%にすぎません。日本でも子育て支援策を西ヨーロッパ諸国なみに増やすべきです。このことは既に自公政権下の政府が最初に決定していた方針です。


 問題なのは、財源もないのに頭割りで現金を子どもに配布する手当というやり方です。子育て支援策拡充にあたっては、

責任ある財源論は併せて検討が必要です。因みに西ヨーロッパ諸国の消費税率は、日本より5%から10%は高くなっています。

②現金給付では効果も十分に上がりません。保育料、給食費、医療費など子育てサービスに対して現物給付として直接支援すべきです。


 日本人が日本の国の中で、若者が故郷の地域の中で安心して働ける雇用の場を確保することは、安心できる結婚や子育ての第一の条件です。国を挙げて日本や地域経済を再生します。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-12-01 13:19:17

第三極はだいじょうぶか。

テーマ:ブログ

11月30日(金)

 国民の政治に対する不信感をつよく感じています。国ががけっぷちの状況にある中、国のかたちをしっかりと示し、責任ある政治改革を具体的に実行せねばなりません。耳ざわりのよいスローガンや借金による頭割りのバラマキ福祉では、日本は再生しません。


 この3年間の民主党政権については、マニフェストの約束がほとんど守られず、統治能力に欠け、一度やらせてみようと思った国民の期待が全く裏切られたと国民の多くが思っています。しかし、自民党も3年前に国民に厳しくしかられたことへの反省をふまえ、新しい自民党がどうやって日本を建て直していく覚悟なのか、国民にもっとしっかりと伝えねばなりません。


 第三極も、その気迫を伝えていることには共感しますが、責任ある政治を実行していけるのか不安です。

(1)『官僚支配の打破』『中央集権の打破』という大同団結の大目標のもとでは、①憲法問題、②消費税、③社会保障、④原発、⑤基地、⑥領土等の問題は本当に些細なことなのか。そんな野合で国政を担えるのか。

(2)地方交付税を廃止し、消費税等を地方税化し、人口、面積比による配分を行うことになれば、地方財政は破綻します。現在、東京は地方交付税はゼロ、大阪もわずかです。一方、地元の市町村は3割から7割を交付税でまかなっています。地方軽視では困ります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース