こんにちは。
Webクリエイター加藤です。


アメブロでカスタマイズする時に、欠かせないのがフリープラグイン。。。

フリープラグインも「半角3800文字相当」までと文字数制限があります。
この制限を回避する方法として、外部ファイル化がありますねぇ~!

jsファイルや、cssファイルなどを、外部ストレージを使って、読み込むという方法です。

さて、外部ストレージは有名なところで、Dropboxが有名でしょうか??
私も使っています。(無料で)

外部ファイル化をするにあたり、パブリックフォルダーという、共有可能なフォルダが使用可能なので、このフォルダーにファイルをアップロードすると、共有リンク(誰もがアクセス可能)が配布されます。
これを使って、外部ファイル化が可能だったんです。。。。

しかし、Dropboxでは2012年8月1日以降に新規アカウントを作成した方には、このパブリックフォルダーは、有料でのみ使用可能になりました。
2012年以前から利用しているアカウントでは、これまでどおりパブリックフォルダーを無料で利用可能担っています。

と、いうことで、Dropbox以外で無料で、共有リンクを使える外部ストレージはないか?!

個人的に良いと思うのは、「GoogleDrive」でしょうかねぇ~!

それでは、ここからGoogleDriveを使った外部ファイル化についてまとめたいと思います。

GoogleDriveにログインして、ファイルをアップロードします。



マイドライブへ、外部化したいファイルをアップロードします。
その後で、「public」フォルダーへファイルを移動させます
(移動はドラッグで移動できます)

次に、アメブロのフリープラグインから読み込むためのURLを取得します。

外部ファイル化をするファイルをクリックして、リンクを取得します。
(赤枠をクリックします)




次にリンクURLは表示されますので、共有設定をクリックして、画像の赤枠のリンクをコピーをクリックします。




コピーしたリンクはこちら。。。
なんですが、使うのは赤文字表示した部分になります。
(これは個々違いますので注意してくださいね)


「https: //drive.google.com/file/d/0B4VVGivpl-iGd3FsMXRXMzA2QWM/view?usp=sharing」


次に、赤文字の部分をコピーします。
そして、下記のURLの部分の◯◯の部分に置き換えます。


https://www.googledrive.com/host/◯◯◯◯

       ↓  ↓  ↓

https://www.googledrive.com/host/0B4VVGivpl-iGd3FsMXRXMzA2QWM


これで、共有リンクURLが完成しましたぁ~!!

後は、フリープラグインにセットして完了になりますねぇ~!!


因みに、今回外部化したファイルは、jsファイルです。
何に使うのかといいますと。。。

これです。


これが ↑ こうなります ↓


わかりますかぁ~!!??
メッセージボードでスライドショーを表示させてますぅ~!!(^^ゞ
(明日まで表示させてますぅ~)


ではまた。
加藤でした!!
AD