カラーNo.コミュニティ学☆ラフスマイルコミュニケーション學

カラーNo.コミュニティ学☆ラフスマイルコミュニケーション學

優しくなるblog☆カラーNo.コミュニティ学・ラフスマイルコミュニケーション學・ラフターヨガリーダー・看護師の見地から、様々つづります。講座ご案内あり。夫と娘とワンコの3人1ぴき家族。


テーマ:

 あなたの地域にはフリーペーパーの
Sundayは届いてますか。

 Sunday(サンデー)はこちら!
 ↓↓↓↓


 この中には、おすすめの美味しい情報や簡単なレシピ、占いの一言に映画情報やおしゃれなカフェや催しなど地域に密着した情報が入っています。

 こちらは我が家に届いた分で、サンデー北九州 西版ですが他にも東版、南版、サンデー宗像・福津・古賀・新宮、サンデー福岡東区、サンデー福岡博多区・中央区・南区、サンデー福岡早良区・城南区・西区などにも各配布されています。

 美味しい情報やカフェや催しの情報は、各地域に密着したものを取り入れられていて、中には特典が設けられていたりして、なかなかお楽しみだったり。

そんなこのSundayサンデーの読物コーナーのひとつに『お悩み解決!オンナの指南書』があります。
 
 その中で時々、指南役として僭越ながらお返事を綴らせていただいてます。

 今回のご相談はこちら!

『反対を押し切り結婚したものの…実母との関係に悩む日々、どうすれば?』


 いつも様々なお悩みがあり、顔の数だけ考えもあれば悩みもあり、大なり小なりみんな悩みを持っていて、仮に今はなくても明日には出来るかも知れず、今悩みが出来ても昨日まではなかったかも知れず、そして、他人様の悩みに『えー!そんなことで』と感じたかと思えば、『うわぁ。そんな大変な』と感じたり。

 自分だけが悩みだらけな訳でもなく、生きていたら、生きているから悩みが出来て、そして日々小さな選択をいくつもしながら、私たちは毎日を過ごしているんだなぁって思います。

 いつもお返事を考える際に、相談なさる方と全く狂わず同じって悩みはひとつもないけど、このお悩みが私自身の、いつのどんな場面のどんなパターンの時の感情に似ているか?などを回想したりします。

 出来事や登場人物は全く違うけど、同じ思考の仕方がこんな風になるなぁとか、この感情がこんな場面の気持ちに似ていたなぁとか。

 それに気づいてお返事を綴った時にはじめて この思考パターンや感情が昇華されたような感覚になり、このパターンは卒業だなぁみたいになったりします。

 以前は全く気づいてなくて、様々な問題や悩みが出ても、関わっている方が全く異なるから別の問題で別の悩みと私は思っていました。感情的になって、○○さんにされた…とか、あの時が○○だったからとか、全て原因は外にあると思っていました。

 が、様々な学び、そしてたくさんのご縁ある方に出逢い、いつの頃からか、全ての出来事は自分が創っていて、全ての問題は自分にあるんだなぁというとこに行き着きました。

 ここに行き着き、以前よりも優しくなれた反面、以前よりも様々を巻き起こす自分に落胆してしまうこともしばらくは多くあり、改善といいつつ省みてばかりで落ち込んだり。

 ただ、落胆も次第に緩やかになり、巻き起こした訳ではなく、必然に巻き起こったに過ぎず、起こったことに良し悪しもなく、ただこうなったわけか。。。ってだけなんだなぁとずいぶん現状のそのままを生きれるようになり、悔やむことがなくなり、よい意味で潔くなりました。

 全ての不満などの原因を、外に向けれると、本当に楽です。

 いつも『どんなに人のせいにできたら楽だろうか。』なんて思いますが、どんなに理不尽な扱いを受けてもある意味『自分我』(私が…のこと。私が作った造語)からの出来事なんだと悟ってしまった時、苦しいけど、人を責めたりする気持ちがなくなり、それは楽になりました。(全然凡人ですから、まだまだ人のせいにしてしまいたくなる気持ちになることは、大いにあります。。。)

 人を恨んだり責め続けるって、すごくエネルギーを使うことを知りました。

 これを読んで『こんなに辛いのに、全てが自分の問題なんて酷い!!』と思う方もいると思います。

 虐待とかされてる人はどうなの!かわいそうなのに酷い!とか、思うのかも。

 でも、これは表面だけしか捉えてないこともあるわけで。

 実際に辛い目にあっている方は、相手を強くうらむ以上に、相手が穏やかな気持ちであることを願い、相手が喜ぶことを考え、相手の笑顔を思いながら過ごしていて、そのために自分は何が出来るかを懸命に考えて実施していたりしてで、実際はうらむどころかものすごく願っている時間にあふれています。

 そして、どうしてこんなことになるのかをたくさん傷つきながらも考えて、最初はなんで?とか、どうして?とか思いながら、泣いたり怒ったりしていて、でもある時期に達したら、たくさん傷ついているにも関わらず、『こんな風なものなんだ』と悟ったように受け入れる日がきたりします。

 これはある意味 仕方なくでもありますが、全てが仕方なく…な訳でもなく、そして、傷ついている感情はそのままもっているけど、でも『こんな風なのが私の親なんだ』と受け止めざるを得ない日が仕方なくもきます。
なぜならそうしないと、辛すぎてつぶれてしまいそうになるから。(だからといって傷つける行為を肯定している訳ではなく、諦めるように受け止めている方が存在し、それは意図して納得してではないし、致し方なくだけど、そんな風に悟らないと生きることを続けられないから悟らざるを得ないひとが存在し、でもこんな形からだけど悟っている方がいる…ということ。)

 こんな思考や感情に行き着く方に、受け止めざるを得なかった心に、寄り添い、受け止め受け入れたハートを癒すことができる大人がたくさん増えたらいいなぁといつも思います。

 たくさんの大人がいても、けしてすべてが癒えやしないかもしれないけど、立ち上がり歩んで行ける関わりができたら嬉しいなぁと思います。

 そして、このような家族問題の連鎖が、ここで終えれるように関わりたいです。

 どんな風でも、自分が自分を見捨てたりせず、自分が自分を信じれる、自分に見込みがたくさんある自分を見いだし、自分の内が俯瞰して観れる…そんな思考や感情を養える関係を創りたいと思います。

 指南書にきたご相談は、私が思考する必要がある内容で、本当にいつも学びが深いです。

 自分が悪いとか、自分がダメだとするための自分の問題ではなく、自分をより良く自分の人生をより豊かに、たくさんの中でこの自分に生まれた尊い魂を大事にするために自分の問題(問題という言葉をネガティブに捉える方がいますが、言葉は言葉に過ぎず言葉に可も不可も良し悪しもなくて、「問題がある」というのは『生きるための意義的のびしろがある』ということだったり、『自分の人生ドラマをドラマチックにするための醍醐味やトピックスやある種のお祭りみたいなもの』として捉えるのが、一番近い解釈になります。)という風に感じ取れるようになる人がたくさんになるとよいなぁと思います。

 許せないことまで許せとかじゃないですよ。
 許せないって気持ちの自分をまず自分が許しましょって感じであってよいと思います。

 オンナの指南書、お悩み募集してます。
 採用されたらクオカードのプレゼントあり!
 ぜひ、ご指名でも大丈夫なのでお待ちしています。
 いつもありがとうございます。

テーマ:
 月1笑いヨガクラブ~4月~は、本日無事にお開きとなりました。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございます✨

 新年度第一回目の今日は、風も心地よくて公民館敷地内の風のとおる野外で開催しました。今、幼稚園から高校まで入園入学ラッシュとそんな季節を感じる話や前回の振り返りからスタート。

 皆さん、やはり冬から春に切り替わり、重いコートなどを脱ぐことから身軽になり、様々な浄化と共に新芽がわき出るようなステップが大なり小なり訪れている様子でした。

 初めての方もいらっしゃったのと、新年度なので笑いヨガエクササイズは超スタンダードなもの(ナマステラフター・握手ラフター・ミルクセーキラフター・万能クリームラフター等)を行いました。
 日本人はあまり触れ合う挨拶をすることは少なめですが、握手ラフターなどすると親近感が増しエネルギーが循環されていることがすごく感じられて本当によかったです。また、ミルクセーキラフターは想像したりしてさらに右脳を使うのですが、気軽に想像したことを伝えることができる空間や、それを楽しめる心を持つことがコミュニケーションになり、相手を受け入れることになり、それが自分自身を受け入れるに繋がるので、楽しみながら一粒で二度美味しいみたいなエクササイズになりました。

 今回は野外だったので、リラクゼーションは椅子に座って行いました。『故郷』のハミングがとてもキレイだなぁとしみじみしました。

 お初の方もいらしたので、改めて『笑いヨガとは?』のプリントを配布して説明。先にプリントを配布するとネタバレしちゃうので実践後に説明しました。

そして、4月は「笑顔でハッピースパイラルをおこそう!」についてのお話をプリントを見ていただきながら行いました。笑顔や笑いがもたらすことは無限大です。ですが、当たり前すぎてわざわざ行うことに意義を見いだせない場合も。。。
 でも、意義や理由を見いだすために行うわけではなく、行っていたら自然に意義を感じてきたとか理由がわかったってことがあってもよいかなと思います。
 ただ、当たり前過ぎることをわざわざ意識して行うという行為には、深い気づきや深いグランディングがあると継続していて感じる昨今です。


 お開きはお楽しみのカード一枚引き!
 今回はカエルカード。カエルカードの良さは、日本語のわかりやすい言葉と説明が書いてあるところで老若男女馴染みやすい部分です。大事なのは『すでに知恵や方法などを私たちはそれぞれに十分持っている自分である』ということを受け入れた上で、カードに教えてではなく「思い出させて」との気持ちで引くことです。そして、自分が引いたカードはもちろん、一緒の空間にご縁があって今を共に時間を分かち合っている方々が引いたカードも自分に意味があるものとして受けとることで気づきは倍増します。

 60枚近いカードから選ばれた今日の8枚になったわけです。各々の文章からの感じとり方はもちろん大切です。そこにちょこっとだけチャネリングしてメッセージを伝えています。

 ちなみに私の今回のカードは「ひらめき」でした。刺激があるとひらめきがあります。大切なのは、そのひらめきをどのように扱うか。宝の持ち腐れにならないように波に乗っていきたいなぁと、気持ちよい風を感じながら思いました。

 来月は5/8(火)が第二週火曜日です。
 月1のリセットdayを作って笑い飛ばす浄化の日をご一緒に楽しみませんか?
 お問い合わせや講師依頼などはこちら~http://smilecolor-22.com/warai.html

 お待ちしています。ありがとうございます✨

テーマ:
 4月は、笑いヨガはもちろん、「笑顔でハッピースパイラルをおこそう!」についてのお話をします。(プリントあり)

 笑顔や笑いがどのように心身に良いのか、笑いヨガ(ラフターヨガ)を体感すれば、皆さんはすでにわかっていることなので、すぐに気づく訳ですが、「笑顔でハッピースパイラルをおこそう!」のお話でさらに納得インプットになりますよ。

 流れは、笑いヨガの説明→レクチャー→笑いのエクササイズ→リラクゼーション→「笑顔でハッピースパイラル」の話→カード一枚引き&一言、以上です。

 カードはカエルカードを使います。一言チャネリングつきです✨

 私のライフワークで行っている笑いヨガクラブなので、内容は盛りだくさん、カード付き、3coinのとっても幸せな内容です。

お問い合わせはこちら~http://smilecolor-22.com/warai.html
 ご一緒に笑いましょ~☆

テーマ:
『子どもはね、大人が思っている以上に、それが嘘かどうかわかってるんよ~笑』と、娘が言いました。

 とある場所で、我が子の惨事をすべて「次、そんなんしたら帰るからね!!」と言いつつ、ドリンクバー野放し、こぼしながら座席に戻る、常に走って移動、通路で変身ポーズ、少し離れた衝立で懸垂みたいにしているのを「見て」と要求し見たと感じるまでやり続ける、食べだして皿を派手に落とす、そして靴のまま座席に上がる、座ってる間は足元の壁をボコボコ蹴っている…

 全部、親夫婦は笑っていて時々名前を呼ぶのみで、具体的な注意はしない、そして「座っとき」と「次したら帰るからね!!」のみしか言わない。

 きっと我が子の状態に慣れているから、それが日常で、『子どもだから』『いつもだから』なのかなぁ。

 それを見ていて、娘が上記を言いました。

 そして「あんなん言って、置いて帰られた子どもを私は今まで見たことがない。『帰るからね』って何回も言う人の子どもはよくわかっとるよね~。大人がウソをついてること。なのに、子どもには『ウソをついたらダメ』って大人は言うんよね~。」

 何とも、耳が痛い話でした。

『お母さんがそのセリフを言ったらどうなりそう?』
と、訊いてみた。

 そしたら、
「お母さんは帰ることになるね。あっ、でも、帰らん場合もある。注文した食事が運ばれてくる前やったら帰らんね。特にそれがカレーなら、ぜったい帰らんね。」

 そう。確かに。大人は、お金を考えます。
 そして私、カレーが大好物です。

 【目の前の現実は自分の過去の意識が作ったもの】

 全ての全てとは言い切れないけれど、そのくらいの覚悟が子育てには必要です。なぜなら、人の命と人生がかかっているのだから。

 『自分のせいでと悩むお母さんが救われない。精神論関係なくイヤイヤ期はくるんだもの』と、言われた方がいました。

 子どもはイヤイヤ期を始めるなんて一言も言いません。それを、イヤイヤ期と捉えるか捉えないかは自分次第。
 
「こんな考え方をされたら、私が悪いと言いたいのか!」なんて、物事を二極化で考えたり捉えたりすることを一旦止めて『なぜ、こんな風になり、私はこんな感情になるのか?』を、もっと俯瞰して考えてみる…それが相手に敬意をはらうことになり、そして小手先だけの関わり方ではない信頼関係を築く付き合い方になっていくのです。

 親子という関係で巡りあったからこそ、親しき仲にも礼儀ありを重んじることが良好な関係を育みます。

 いかがでしょうか。

 見破ることが問題ではなく、守れないウソをつくことが問題です。守れない約束や声かけをあなたは毎回してはいませんか?
 

テーマ:
 笑いヨガクラブを毎月第2火曜に開催しています。
 月に一度 笑ってリセット&リスタート(仕切り直し&再出発)の日をあなたも作りませんか?

◆日時…毎月第2火曜日 10:30~11:30
◆場所…馬場公民館
◆住所…北九州市八幡西区上上津役2-1-21
◆費用…300-(場所と空調費に充当)
◆駐車…パーキングあり
◆お問い合わせ連絡先…Web~http://smilecolor-22.com/warai.htmlよりどうぞー!

※水分は各自ご持参を。(外に自販機あり)
※動きやすい服装がお勧め。
※お問い合わせはメッセンジャーかお電話を!

 私のライフワークでもある笑いヨガ(ラフターヨガ)。
 あなたと一緒に笑う時間を有意義に。
 市民センター等の健康講座や人権講座、コミュニケーション講座などで単発開催される笑いヨガを定期的に取り入れることで、定期的に『笑顔』や『呼吸』に意識を向け、そして『意識』することに意識を向ける時間を楽しんでいます。
 
 講師歴…9年。北九州市内各市民センター・北九州生涯学習センター穴生学舎・県内小中学校PTA向け・デイサービスやグループホーム、病院や施設などの健康講座やレクリエーション、スタッフへのコミュニケーション講座や、企業やグループのリフレッシュ研修などに招致いただき多数開催。
 最大は、800名近い方々との笑いヨガ講座で体育館が笑いでいっぱいになったこと。元看護師。

※ご依頼承ります。Web~http://smilecolor-22.com/warai.htmlにて内容などご覧いただけたら幸いです。内容を見ただけで諦めたりせずに、どうぞご相談くださいませ。求める形やニーズに合わせて内容をカスタマイズして行っていますよ~☆
 伝えたいことをやっと書き表したくなって、怒濤にblogのUPをしている、上質なコミュニケーションを育む教室『スマイルカラー』の香奈子先生です。

 自分の思う気持ちや考えが十分に伝わると、理解者や協力者が増えることに繋がるし、するとその相手のことも理解したくなるし、協力したくなる。なので必然的に相手の思いも聴きたくなり、それが『傾聴』にも繋がります。
そして、解れば解るほど、その協力の程度も解るのでやり過ぎたりすることも少なくなり、結果、良質なコミュニケーション・良質な人間関係となります。

 さぁ、そんなために大人が子どもに出来ることはあるでしょうか?

 先日、2/7(水)夕刻に北九州市若松区の閑静な住宅地にある「よしだ塾」https://antgskdkr.wixsite.com/yoshidajyukuの『小学生プレゼンテーション大会』に娘は参加しました。
 こちらは、娘のプレゼンの様子。動画撮影のために構える先生と共にの画像。

 プレゼンとは正式にはプレゼンテーション
英語:presentation
 情報伝達手段の一種で、聴衆に対して情報を提示し、理解・納得を得る行為を指す(宣伝等)。略してプレゼンとも呼称される。(wikipediaより~詳細はこちら→https://ja.m.wikipedia.org/wiki/プレゼンテーション)

 最近は学校の先生も、菊池省三先生からの学びでプレゼンやディベートを取り入れたりも活発になりましたが、まだ知らない方も多く、娘も学校でその機会に携わることはなく、ただ私の研修などに同行して、それを学ぶ私や他人を見たり発表したりすることで知っていたり、プレゼンという形ではなくても少人数学校の特性で必然的に発表する機会に通常より恵まれたり、上級生に混じっての話し合いだったりで、近しい経験はあるが、今回はっきりプレゼン大会と銘打ったものは初体験となりました。

 お題は『私の好きなもの』
 娘は、科学絵本で身体の成り立ちみたいなものに興味があり(看護学的に言えば「解剖生理」)、その本を2冊手にして会場へ。
 解剖生理なんて、私にとっては看護学生時代一番楽しくない学びで(ほぼ暗記するしかない)、寝ていた記憶しかない。

 参加者は男女各2名。学習中は残念ながら観なかったが(見学もできたが、他の生徒さんの妨げになるのは本意じゃないし、控えてみた笑)、まずは好きなことについて原稿用紙にまとめ、流れを作り、身ぶり手振りのジェスチャー(ボディーランゲージ)をつけての練習です。

 練習では、声を出す練習もしていたのか、なんだか賑やかで。
 流れの項目は画用紙にまとめられていた。それが話す順にもなり、記憶のヒントにもなるわけだ。
 先生がのちにはじめての発表練習と、本番と動画を送ってくださいました。

 たまたまその場で年長だった娘は、本番、その流れの項目を見ずに発表に挑んだ。名前をいい忘れてしまったが、上手にできていた。

 そして、娘がその本からどこが好きなのかを知った。

 なんだと思う?

 骨を割ったら、小さな穴がたくさんあり、それを「緻密質」というらしいが、それが娘の一番構造としてスゴいなぁと感じ好きなところだそうだ。マニアック過ぎて笑ってしまったが、不思議な彼女らしい。(名誉のためにいうが、大笑いなどはしてません)
 これは、まさに緻密質を見せながら語っているところ。
 
 もう一人の女の子は好きなキャラクターについて、そして男の子は乗り物とゲームについて、明るく発表してくれました。

 欧米などは自己アピールに長けていて、普段の会話がプレゼンやディベート的にもなり、そこにどっちがの比較よりも自分の思いの素晴らしさを込め、相手の思いはそれはそれで素晴らしいになるのかなと思う。(そればかりではないと思うが、関係性が良好だとの場合)

 日本は自分の好きなものの良さを話す自体が「自慢話」みたいになる傾向があり、双方の良さを讃えるよりも優劣をつけ、場合によっては自分の方が優れていても自分を控え相手を賞賛したりする…、まぁ、それはそれで、日本人の謙虚で奥ゆかしい部分やことわざに「負けるが勝ち」「果報は寝て待て」などあり、それは文化良さだったりする。

 大切なのは、どちら「が」優れているではなく、『どちら「も」優れている』で、すべてにおいて良い部分をたくさん見出だし、自分と状況にあわせて如何にカスタマイズできるか?さらに、自分らしくリノベーションできるか!

 今回、よしだ塾の『小学生プレゼンテーション大会』に参加し、改めて上記のようなことを感じました。

 動画と共に今回の様子や印象、プレゼンの取り組みに対する考察、より良きになるためのチャレンジ点、継続した場合の飛躍予測、そして今回に当たっての保護者としての関わり方(ホメホメポイントなど)を詳細にまとめて終了後メッセージをくださった よしだ先生には感謝でいっぱいです。明るくてパワフルで根っから子どもたちのもともと持ち合わせている良さを信じているんだなぁと感じる先生でした。 仕事なんだけど、仕事ではなく魂でやってる…まさに、これからの時代に生き残る人だなと感じたりしました。

では、次は自宅でのお子さんと関わる大人や子どもさんと関わる機会がある大人が、どのような関わり方を重ねていくと自分の気持ちを理解してもらえるように伝えられるようになるのかの方法や我が家での実際についてを、次はお話しようと思います。
 元気でパワフルでとてもチャーミングなよしだ先生とご一緒に。まさか、男性の先生と思ってましたか?笑
 前回、言葉の良し悪しは自分の価値観や捉え方で変わるとお話した、自尊感情を育むコミュニケーションの教室『スマイルカラー』の香奈子先生です。

 実際に言葉を例に出して考えてみましょう。

 謙虚で奥ゆかしい…の、『謙虚』

 あなたはこの言葉をどのように感じますか?

『謙虚』を「控えめで相手を敬うなり」とポジティブに捉えた方もいたでしょう。
『謙虚』を「引っ込み思案で相手任せ」とネガティブに捉えた方もいたかもしれません。

 これは育った環境や人生経験、人間関係で捉え方や感じ方は異なり、顔が異なるのと同じだったりします。厳密に言えば似通った価値観でも異なるし、そのどちらにも良し悪しや優劣をつけることは誰にも出来ず、ただ自分の価値観と異なるという事実のみ。

 ですが、自分の価値観のみで他人にまでジャッジしてしまったり、批判したりもあったり。ですが、厳密に考えたらそれがおかしなことであることも理解は出来ると思います。と、キレイに書きましたが、私でも批判な気持ちや非難な気持ちになったことはあるし、これからもありうると思います。

 では、できるだけそんな気持ちにならずにいられるようにするには・・・

 幸せな考え方は、様々(言葉など自分が感じることすべて)を良しや優れていると捉えられる健全な心と、それを表現できる語彙力につきるかもしれません。

 健全な心というと堅いですが、楽し~や、嬉し~や、幸せ~って感覚に常に浸かっていたら・・・
 よほどではない限り、不愉快などには鈍感になりますよね。

 あなたも経験ありませんか?楽しくない話をしている時ほど、まわりの不愉快な振る舞いや理不尽な態度が目につきやすかったりってありませんか。
 逆に楽しくて盛り上がっている時は、よっぽどな行動以外は気がつかないし、仮に気がついてもその場では言わなかった・・・とか、ありますよね。

 なので、どこであろうとも楽しいを見出だせる感覚を持ち合わせていると、それだけで雰囲気が良い感じをまわりに与えることが出来たりします。

 なので直感力などの感覚も大いに大切です。
が、その感覚や感情を表現するための言葉や語彙、そしてボディーランゲージなどもバランスよく備わっていると、何事にしても相手に伝わりやすく理解も得やすくなり、それが良質なコミュニケーションのきっかけや継続にも繋がることになるでしょう。

 では、それを育める方法はあるのでしょうか?次は、体験と経験のお話をしようと思います。

 今日は授業参観でした。ちょうど日直でした笑


 すっかりお久しぶりです。
 毎日継続…を意識しすぎたら、とんと重荷になりパッタリ。。。そんな風でも自尊感情を育むコミュニケーションの教室『スマイルカラー』の香奈子先生です。

 自分の考えや気持ちを相手に伝える…
 あなたは得意ですか? 

 私は、伝えたいことが多いけど時間が気になる時などは要点が絞れずにはなしをしてしまったり
「かっこよく伝えたい!

」という気持ちが高まりすぎていたら纏まらない話をしてしまったりすることがあります。

 逆に、ただ自分が楽しかったとか嬉しいなどで話をしている時は思いの外、相手に伝わったりもします。

 日本人には、謙虚で奥ゆかしく思いやる…という感覚が古来から根付き、それが国民性でもあり、ある意味美徳でもあります。他の国にもそれぞれの良さがあります。

 ただ、言葉は言葉であり、その言葉には良し悪しはなく、だからひとつの言葉にはポジティブな意味もネガティブな意味も持ち合わせていて、でも言葉自体にはポジティブもネガティブも存在せず、その言葉をポジティブに思うのもネガティブに感じるのも、私たちそれぞれの感情だったりします。

 言葉自体には良し悪しがなく、言葉に良し悪しを感じる自分次第…

 これはどういうことなのか?を次でお話しますね。

 娘が我流で作ったパステルアート☆


テーマ:
 6/14(水)にオープンしたミクセリア博多!→http://www.mixarea.jp/sp/

 私は元々占い好きで、小学生くらいはMybirthdayの愛読者でした笑

知ってますか?
 ちなみにこちら↑は懐かしの復刻版でした。

 この頃から、自分を整えるのに占いを利用していたんだなぁって。

 自分が整うと、『今』が最適であることがわかり、そうなったら『未来』を自分らしく描くことができます。

 結婚も妊娠も、ご機嫌な子育ても、お仕事も良好な人間関係も根底はこれだったり。

 「精神論じゃなーい」

って騒ぎたいあなた。
 私に「わかってないね」と言いたいあなた。

 在り方を変えたら変わって、結婚したり、彼ができたり、妊娠しちゃったり、素敵な子育てしちゃってる~なんて方が私のまわりにはいます。

 不妊だった方が妊娠しちゃったのは、本当に可憐な変身で報告を受けた時は私も泣いちゃって。
 お久しぶりの彼氏ができた方に「逢ってみてほしいです」と言われた時も嬉しすぎました。
 
 「仕方ない」とか「こんなもの」「こんな時期」なんて捉える受け売りの時代はもうおしまい!
 これからは、自分で思い通りが作れる時代にしませんか?

 他の方のセッションを受ける機会が少なかった中で、ミクセリアでのご縁が私の心に新たな風を贈ってくださいました。なので気持ちに変化が🎵

 ご一緒になった先生やご存じの先生をご紹介をしていきますので、お楽しみに!

 ライトワーカーの先輩やお仲間とも、これからは「今は○○な時期だからおとなしく…」(某占術だと大○戒とか言いますよね…)なんてのではなく、ご自身で切り開く時代に変わるとお話がでます。
 手法の学びや情報もちまたに溢れてる中で、時代の波に乗るには【手法や情報を使いこなせる自分の在り方】がカギ!

 真剣に覚悟を決めませんか。

 とことん付き合います!

 いつもありがとうございます。

 コミュニケーションの教室スマイルカラーのWebはこちら→http://smilecolor-22.com

テーマ:
 お久しぶりです!

 夏休みに入り、私の住む地区は月末が祇園山笠。
 なので、練習が佳境です。

 普段、朝早くから登校して帰りも18時近い帰宅の娘とも、夏休みは絶好のおしゃべりタイムが。


 まぁ、普段もおしゃべりしっぱなしですがね笑(^O^)
 テレビを繋いでないと話す時間はたくさんです。


 あ、あと、夏休みはタブレットでゲームを一緒にしたりも。今は、お店屋さんで時間内にファーストフードを出したり、パン屋で焼きたてパンや飲み物を出したりするのをやってます。通常、一人でやるゲームを二人でやるのだから、声かけしないと反応ができない。商品を運んだり、オーブンに生地を入れたりと声かけ分担して楽しみます。

 一人ではなく、二人だから、声かけしてお互いに配慮したり、思いやりを持つことが大切になります。


 日常生活と同じです。


 学校からは、規則正しく、早寝早起き朝御飯などお知らせはきています。が、そこにこだわり過ぎると「しなければならない」「やらなきゃならない」と大変な気分に。

 
 大切なのは、【ご機嫌に過ごす】こと。


 暑かったり、他人と時間を共有することで自分の思い通りにいかなかったりと、イライラしそうな原因は探せばいくらでも。

 ただ、イライラするかしないかは

『自分次第』


 なので、ご機嫌にいるためには、自分のこだわりや決まりなど、自分の観念を限りなく緩やかにしておくことが大切です。

 
 脱水症状になったり、飢餓になったりしなければ…くらいでも大丈夫。


 この一食や、夏休みの食事や、夏休みの早寝早起きだけが、二学期を変えてしまったり、人生を変えてしまったりはありません。


 それよりも、

『自分のために自分がご機嫌にいること』

が、まわりのみんなのためや、身近な大切な人のためになり、それが『配慮』や『思いやり』を育てます


 何が一番できたらよいか?なんて、一番は選べないし、全てがそれぞれに大切ですが、


【笑顔の交流】


に繋がる行動ができる…


 それが、他人(自分以外は親子だろうと夫婦だろうと他人です)と生きていることにとって重要かも…


 さぁ、笑って笑って♪ヽ(´▽`)/


 いつもありがとうございます!

ウェブはこちら→http://smilecolor-22.com

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス