輝く個性を大切にする② | 藤井寺市のパソコン教室 スマイル・カフェのブログ

藤井寺市のパソコン教室 スマイル・カフェのブログ

お仕事でパソコンを上手に使いこなせるようになりた。
こどもの手も少し離れたので再就職のための学び直したい
就職に備えて準備しておきたい。
そんな初心者のみなさんのパソコン教室 スマイル・カフェのブログです。 

年長さんから高校生までが通う

パソコン教室スマイル・カフェのキッズ部門

 

藤井寺のこどもプログラミング教室

すまいる・キッズ

 

西尾滋和です。

 

長かったので 2回に分けました。

 

輝く個性を大切にする②

 

 

 

一人一人ほんとに多様やなぁと思います。

ほんとに

当教室に通っているこどもたちに限らないと思うのですが

一人一人ほんとに多様やなぁと思います。

 

 

 

アドラー心理学に関する本

「嫌われる勇気」「幸せになる勇気」の本にありましたが、

 

 

ほめる事は、こどもたちの承認欲求を満たし

「こちらの意に添うようにコントロールする事」

 

子どもたちの本来の思い、目的をコントロールしてしまう事もある。

 

結果、大人や先生の顔色を見て行動する事につながるという事

とありました。

 

 

ただ、プログラミングやパソコンを学ぶ事で

正しい選択を「ほめる事」で伝えるという意味で

承認欲求に答えてあげる事も大切ですのです。

 

ほめる事・注意する事

それぞれの個性、多様さを伸ばす事に重きを置き

 

「ほめる事」「注意する事」「学ぶ上で正しい方向教える」事について

 

自分自身、見つめなおしています。

 

画一ではいけないのだと、

 

学校や幼稚園、保育園などの現場で

毎日何時間もおこさんに向かいあっている

方からすれば、

 

「当たり前やん!」

 

「今更何を!」と

 

思われるでしょうが、私も子どもたちと

一緒に成長してるかな

感じました。

 

私たちも、こどもたちと成長していきます。

ひとりのこどもたちとの接点は

 

週に1時間から2時間ですが「個性」を

 

その短い時間のなかでも

 

その時間を大切にしたいと思います。