一昨日TVでもやっていましたね!眼瞼下垂手術とは? | 眼科の給湯室

眼科の給湯室

名古屋の「いりなか眼科」で働いているスタッフのブログです。

クリニックに関することや、目についての情報、また目を中心とした美容情報など、楽しく書いてゆきます!

TVでは目目のたるみを取る手術」と表現されていましたが、

上まぶたを開いたり閉じたりするための筋肉が弱まり、

思い通りに目が開かなくなって、瞼が常に下がる状態ショボーンのことです。

 

 

眼瞼下垂になると、

視野が狭く見えにくくなったり、外見が悪くなったりしますが、

それだけでなく、
まぶたを上げるために、首や肩・額の筋肉を使うこととなり、

目の疲れ・頭痛・肩こりを引き起こす原因雷となることも、

最近では良く知られるようになりましたビックリマーク

 

先天性のものもありますが、後天性のものが多く、

多くは老化によって、神経のマヒ、筋力の低下、

まぶたのこすり過ぎなどによっても起こります汗

 

コンタクトレンズ(特にハードレンズ)の長期間装用、

メイクやアトピーなども、原因の一つとなります。

 

星眼瞼下垂の治療方法は、基本的に手術となります。

 

宝石ブルー 眼瞼挙筋という、

  まぶたを開いたり閉じたりするための筋肉を縫い縮める手術

 

宝石ブルー 離れてしまった挙筋腱膜と瞼板を縫い合わせる手術

   (挙筋腱膜を折りたたむ・切るなど様々な方法があります。)

 

  眼瞼下垂は保険が適応できる場合もあり、

  手術時間は通常片眼30~40分程で、完全予約制です。

 

手術後は、、、

 

 ・視野が広がった

 ・頭痛・肩こりからの解放

 ・一重まぶたの方は、二重になることも    音譜

 

いりなか眼科では、 形成外科医がカウンセリング

 

一人ひとりの症状に合った手術を行っていますメモ

いりなか眼科の眼瞼下垂ページ

お気軽にご相談下さいラブラブ

 

 

いりなか眼科クリニック ←当クリニックのHPはこちらからどうぞ♪
人気ブログランキングへ ←いつもクリックありがとうございます♪