正座について

テーマ:
従来の正座の仕方は、足の親指を軽く重ねてというものがほとんどですが、
実はあの形は足首が捻れた状態です。
ですので体重をかけて座ると、身体全体が歪みます。

足の親指を内側に向けずに真後ろに向けて、ぺったんこ座りのように座ると身体全体が整います。

常識のようになってることでも、身体の為にならないことがままあります。