私が救われた一言

こんばんは。横浜 泉区より  村上恵一(むらかみけいいち)です。

 

3か月ほど前のお話です。

私は、剣道を辞めてしまおうかな、と思ったことがありました。

 

何のために剣道をやっているのだろうか。。。

剣道をやる意味って何だろうか。

きついことやって、自分、どうしたいの?

社会に貢献できているのだろうか?

ショボーン

 

考えるほど深みにはまって、、、

完全にドツボりました。。。

えーん

 

そしたら、剣道が面白くなくなってしまったのです。


アルフレッド・アドラーさんは、「人間の悩みは全て対人関係の悩みである。」と言っています。

 

その時、私を救ってくれた人たちがいました。

今思い出しても感謝でいっぱいです。

 

■中学、高校時代の剣道部の先輩からの一言

 私が最も尊敬している先輩の一人です。

 「剣道は楽しむものだよ。」

 これだけ。シンプルですが、この一言で救われました。目が覚めました。

 辛さを乗り越えた先に楽しみがあるのではなくて、

 楽しむから困難を乗り越えられるんですよね。 ←これはまさしくアドラー勇気づけの定義そのもの。

 

■高校時代の同級生の励まし

 暖かいメッセージをもらいました。“世界は優しい”を実感しました。

 

■剣道の先生方や仲間の存在

 稽古に出向いてこない私を黙って見守っていてくれました。“信頼感”を感じました。

 

■ELM勇気づけリーダー養成講座で出会った方たち

 目標に向かって学びを楽しんでいる姿を見て、勇気をもらいました。これはダメ押しの一発でした。

 

楽しむことの大切さに気付いたことは私の人生においては大きな出来事だったと思います。

だから、今は剣道を純粋に楽しんでいます。

照れ

 

この場を借りて、もう一度お礼を言いたいです。

「救っていただいて本当にありがとうございました。」

おねがい

 

これって剣道以外でも、自分が夢中になれることを楽しむって大事なことですよね。

 

で、今は完全にふっ切れまして、ガツガツ稽古に邁進しますよ!

爆  笑

 

あぁ、そういえば、この「楽しむ」ということで思い出したことがあります。

ニコニコ笑顔で剣道の稽古をしている子がいたなぁ、と。

そのお話はまた次に続けましょう。

 

☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜

 

 

一緒に実践の心理学、勇気づけを学びませんか。
・勇気づけ講座、お話会やります!
・ELM勇気づけ講座  「ワークで学ぶ勇気づけ、その日から即実践可能!!」
土日開催OK
 →アドラー心理学ってなんだろう?
 →勇気づけってなんだろう?
 →思春期のお子さんをお持ちのパパさん、ママさん、親子関係を一緒に考えてみませんか。
 →お子さんが心配な方、その心配、信頼に変えてみませんか。
 →少年剣道の勇気づけ、絶賛実施中!! スポーツを楽しく続けよう!
 →少年スポーツを指導されている方、勇気づけで子供たちが生き生きする指導方法をいっしょに考えてみませんか!
 
☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜