中古ストーブ販売中です♪(2021年9月16日更新) | スマイル灯油センター | 秋田市の灯油配達ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

スマイル灯油センター | 秋田市の灯油配達ブログ

秋田市の灯油配達なら「スマイル灯油センター」へ!秋田市内全域に宅配しています。ストーブやボイラー・給湯器修理や給湯器交換、ストーブ分解整備もお任せください!!

こんにちは!


スマイル灯油センターでは、新品のストーブだけでなく、

中古ストーブも販売中です!


全台とも、毎年500台以上のストーブ整備実績を持つ当店が、
責任を持ってメンテナンス&オーバーホール済です
チョキ



部品交換と動作確認もバッチリですので、
安心してご使用いただけますよ
ウインク



そして、安心の1年保証付き!



ご購入後1年以内に不具合があった場合は、無償で整備・部品交換しますグッド!
(メーカーに交換部品が無く修理不可の機種の場合は、ご購入代金をお戻しします)


 

また、代金には設置作業代も含まれています!



FFストーブは、正しく設置しないと、燃焼状態が悪くなったりして故障につながることもあります。



やはり石油製品はプロの手で設置してもらった方が安心ですよグッド!




それでは、中古ストーブをどうぞご確認ください!!





①コロナ・スペースネオ(床暖付き)
型番 : UH-FSG7012K
年式 : 2012年製
定価(参考): 282,000円+税
販売価格:
60,000(税込・取付料込み)
→売約済です。ありがとうございました。



小さい傷やへこみはありますが、概ねきれいな状態です。

床暖付きなので、脚元からポカポカ。快適に冬をお過ごしいただけます。

※床暖パネルは附属していません。
※灯油タンクが別途必要です。
床暖パネル、灯油タンクともに当店でも販売中です(中古品もあります)。




②サンポット・FFストーブ(コンパクトタイプ)
型番 : FF-35RF
年式 : 2000年製
定価(参考) : 125,000円+税
販売価格:
20,000(税込・取付料込み)





製造からかなり年数が経っているストーブですので、表面に相応の汚れや傷などはありますが、燃焼状態は良好です。

このタイプの輻射のストーブは比較的長持ちしますので、まだまだご使用いただけるものと思います。


※灯油タンクが別途必要です。
灯油タンクは当店でも販売中です(室内タンクの中古品もあります)。





③トヨトミ・FF温風ストーブ
型番 : FF-S45A
年式 : 2011年製
定価(参考) : 125,000円+税
販売価格:
25,000(税込・取付料込み)
→商談中です。





※灯油タンクが別途必要です。
灯油タンクは当店でも販売中です(室内タンクの中古品もあります)。




④コロナ・ファンヒーター
型番 : KCF-3212Y
年式 : 2012年製
タンク容量 : 5.0L

販売価格: 5,000(税込)



8畳くらいのお部屋で使うのに適しているかと思います。





⑤ダイニチ・ファンヒーター
型番 : FW-257S
年式 : 2011年製
タンク容量 : 3.5L
販売価格:
3,000(税込)



コンパクトサイズですので、6畳くらいのお部屋で使うのに適しているかと思います
爆  笑




⑤ダイニチ・ファンヒーター
型番 : FW-3218S
年式 : 2018年製
タンク容量 : 3.5L
販売価格:
4,000(税込)




こちらもコンパクトサイズですので、6畳くらいのお部屋で使うのに適しているかと思います爆  笑

小傷はありますが、2018年製で、まだまだ新しいストーブです。





以上です!




在庫の情報は随時更新していきます!




一点ものですので、無くなり次第終了となりますびっくり



お値打ち価格のストーブをお探しの方は、ぜひお早めに!




ご連絡は、電話0120-841-373か、ホームページの申込フォームから受け付けておりますチョキ



LINEや、本ブログのコメント欄からでもOKです!



ご連絡をお待ちしております!

 

スマイル灯油センター | 秋田市の灯油配達
秋田市内全域に配達します。    
受付・お問合せは
0120-841-373    
→携帯からも無料!日曜のみ定休  

  Webからの注文はこちら>>    
   
配達方法やタンクの大きさ等によって最大6円引きになります!    
  配達価格と配達方法はこちら>>    
  配達エリアと曜日はこちら>>  


ストーブ・ボイラーの修理や分解整備もスマイル灯油へ!    
  ストーブ・ボイラーの修理はこちらへ>>  

  ストーブの分解整備はこちらへ>>