【受講生の声】入学してから3ヵ月で初めてコースの契約を頂きました! | 【応援大学】シゴトと本気遊べる働き方。お金で買えない資産(あなたの応援団)をつくろう‼️
新型コロナウイルスに関する情報について

【応援大学】シゴトと本気遊べる働き方。お金で買えない資産(あなたの応援団)をつくろう‼️

本当の豊かさを手に入れ一生もんの資産となる、あなたのファン=応援団とシゴトを創り、人生が豊かになる揺るぎないあなたの土台づくりをプロデュース!
収入の柱を増やすための
起業・副業・複業を支援しています。

稼ぐチカラをつけるには、

稼ぐための考え方が必要なんです。



あなたは、何のために仕事をしてますか?



お金のため?

家族のため?

自分のため?



それぞれ、あると思います。



応援大学のメンバーは、

お金の為だけに働く、

働き方を辞めよう‼️



シゴトと遊べるように、

なぜこの仕事をしているのか?


を考えるようになること。


仕事を通じ何を提供しているのか。

など、


働くとは、「側(はた)」を「楽(らく)」にする


という意味があるんです。


その考え方を、

今の環境の中で考えること。


それぞれの家庭環境、

家族の状況の中でも


自分の心に嘘をつかずに、

まっすぐに向き合いながら


稼ぐことができるような

人間性や人との付き合い方、


どこの塾でも教えてくれ無いこと

お伝えしています。



応援大学に入学してまだ3ヶ月の

山田さんのリアルボイスでも

そんな内容を書いてくれていますので、


ぜひご覧くださいね。


 ↓↓↓↓↓

 

自宅パン教室主宰 山田育世さん


 

私はこれから教室やりたい気持ちはあったのですが、
集客の仕方を知りませんでした。

そんなときに私が通うパン教室の先生から
応援大学をご紹介いただき、
個別で向井さんとお話したのですが、
その時に向井さんがすごく楽しそうだったのと、
正直、何か変わらなければ、今の現状のままで
また1年そのまた1年と
過ぎ去ってしまうなと感じていました。


 

子供がまだ小さいけれど、
子供が大きくなってからと言っていたらいつまでも
自分への投資が出来ないし、
現状のまま変えられないと思い、

育休中だとフルタイムより時間があるので
チャンスだと思ったからタイミング的には今かな。
と感じたことも大きかったですし
正直、育休明けの会社への不安も大きかったんです・・・


 

現状に満足するのではなく、更に上の世界。
知らない世界を見てみたかったのと、

私にも、もっと可能性があるのかを見つけたかった・・・


 

そんなことが重なり、
現状は育休中で金銭的にも余裕がない状態でしたが
身近な人が結果を出してるから信頼できましたし、
私もそうなりたいから将来への投資をしよう!
と言う考え方ができたので入学を決めました。


 

入塾してからは
今まで考えた事がなかった事を考える事ができましたし、
知り合えなかった人達と知り合う事ができた事も
私にとってすごく大きな変化となりました。


 

入学してから3ヵ月で初めてコースの契約もいただき、
凄く嬉しい気持ちになりました!


 

ブログも毎日書く事で
2.3ヶ月後に結果が出てくるんだよ!
と言われた事も理解できたので、
継続して書く意味がある事も教えてもらいました。


 

人間的な意味でも勉強になり
子育てに使える部分をこのタイミングで学べて
良かったと思いました。



知ってるのと知らないのとでは
この先の人生違うだろうし、
思考がこんなに違うのかと驚きもありますが、
大人になってから学ぶことがないので
応援大学へ入学して良かったなぁと思っています!


 

講座自体はすごくアットホームですが、
人として大事な事は厳しく教えてくれます。

学長の向井さんをはじめ、
先輩方は相手の聴く力が強く、
その対応が深い物で私にとって軽く考えていた事も
凄く深く親身になって対応してくれる事も
私にとってはすごく学びになり
私もそれが当たり前に出来るようになれば
周りの人の信頼が深まるのかと
毎回勉強になっています^^


----------

育世さんのブログ
▼▼▼

https://profile.ameba.jp/me
----------

 










30代後半になろうとして、

もしもあなたが、

少しでも将来や未来に不安にかんじているなら…

今に、不満を感じているなら…


会いに来てみてくださいね。


応援大学公サイト一覧

 ▼メルマガ無料購読のは下記画像をクリックしてね


▼動画で見たい!知りたいって方はこちら


▼応援大学ってどんなところ?



▼向井文馨ってどんな人?プロフィールはこちら


【運営メディア】
 Facebook