愛と幸福の現実創造説
フェアリーメッセンジャー上田さち です

{B523B95C-BC38-431C-88F9-57D225C8A13A}





【幸せな現実を創り出す方法】
〜幸せの条件〜



私たちは、
「○○だから幸せ」というように、
幸せを感じるには条件や理由が必要だと
無意識のレベルで認識しています



詳しく例えてみると、
恋愛だと
彼が優しくしてくれたから
嬉しくなったり幸せを感じたり…

仕事だと
昇給したり昇進したから
嬉しくなったり幸せを感じたり…



他にも、
臨時収入があったから、
褒めたれたから、
プレゼントをもらったから、
売り上げが上がったから…など
何かがあったからという条件や理由によって
幸せを感じたりするのです



素直に喜んだり、
幸せな気持ちになることで
次なる幸せを創り出しますから、
何かがあったから幸せな気持ちになることは
ダメなのではありません


しかし、
その流れで幸せを感じることが
当たり前のように習慣化されていると、
私たちはいつの間にか
自分の外側(目の前の現実)に、
幸せを感じる基準を定めたり
求めてしまうようになるのです


まさに「私を幸せにして状態」となるのです



もし優しくされなかったら…?
褒められずにけなされたら…?
気にかけてもらえなかったら…?
相手の機嫌が悪かったら…?
売り上げが下がったら…?
急な出費がかさんだら…?
減給されたり降格したら…?
付き合えなかったら…?
プロポーズされなかったら…?
別れたら…?


そんな時には、
幸せを感じることは出来なくなってしまいます
そうなると益々「外側が変わってくれたら…」
と期待と落胆が入り混じった不幸な心境で
過ごし続けてしまうのです



これが幸せな現実を
自らのチカラで創り出せない要因となるのです



現実を変えたいと願っているのでしたら、
まず今この瞬間から幸せになってください



「○○だから幸せ」なのではなく、
ただただ幸せな気持ちになるということ



これが現実創造の醍醐味です



なぜなら、
幸せな気持ちでいると、
それまでの条件付きだった幸せな心地は、
条件を付けることなくただ幸せでいるだけで、
条件の方が整ってゆくという事態が起きるのです



「条件が整ったから幸せな気持ちになる」
のではなく、
「幸せな気持ちでいるから条件が整ってゆく」



この仕組みを知ってしまうと、
今までどれほどまでに
条件無しで幸せを感じることを
自分自身に許可していなかったのか
お気づきになるはずです



ただただ幸せを感じることを、
ご自身に許してきましたか…



幸せという名の平安は、
あなたの中にあるのです
あなたがあなた自身に
もたらせてくれるのです



しかし、
うまくいかないことがあったりして、
苦しんだり心に痛みを感じることもあるでしょう



そんな時は、
あなたの奥深くの領域から
心が揺さぶられる動きを観察するのです



たとえどんなネガティブな感情に
揺り動かされたとしても、
あなたの奥深くには、
ビクともしない静寂の領域があります



大波や大嵐が起きたとしても、
海の奥深くは静かであるように…



その静寂の領域から、
自分自身を観察するようにしてゆくと
嵐はやがて過ぎ去ってゆくことに気づきます 



この気づきを繰り返すうちに、
突如として
「なんだか分からないけど、
何かあったわけじゃないのに、
ただただ幸せ…」
だという感情があなたを包みこんでゆきます



この心境に達すると、
幸せであるあなたの目の前の現実は、
幸せな条件が自然と整ってゆくという体験をし
冒頭から述べている仕組みを
心ですんなり理解する日を迎えるのです



ここまでお読みになるだけでも、
心が落ち着いてゆくのを感じるはずです


あなたの奥深くの静寂の領域が
目覚めを開始した証です


今までは、
外側(目の前の現実)を
幸せになりたいために観察していたはずです



これからは奥深くの静寂の領域から、
外側を観察する以上に、
あなたの心を観察してみてください



観察するだけでいいのです
「こんな風に思ったらダメ」
「こんなこと考えたらダメ」
というような解釈は不要です



自分自身の心を観察している間に、
ただただ幸せだという感情が
源泉のごとく湧き出てくるようになりますから
あなたはご自身の心を観察するだけでいいのです




観察している間に、
それまでに観察し続けていた外側が
自然と整ってゆきます






無条件の愛と祈りをこめて

{A11D4C90-71B4-48D0-A874-EFAFD09F0EA3}