8/24(土)に『はとバス夏の大感謝祭in苗場プリンスホテル2019』のイベントに出演させていただきました。

ありがたいことに、今年で3回目の出演でした。

今年は、はとバス13台460名のお客様が参加されていたそうです。

 

 

 

私は前日に苗場プリンスホテルに入りました。

到着した時の苗場の気温は21℃。半袖では肌寒く、寒がりの私は厚地のパーカーを持ってくればよかったかな?と思うほどでした。

 

 

 

翌日は午前中からサウンドチェックとリハーサル。

会場は苗場プリンスホテルの“ブリザーディウム”。毎年、ユーミンさんがコンサート行う会場です。びっしり並べられた椅子の数を見るだけでも緊張感が走りました。リハはバスが到着する前に終了。

 

 

 

夜のお楽しみイベントは20時から。

 

司会者の方にご紹介いただきライブがスタート。

ライブはオリジナル曲とカバー曲をピアノ弾き語りでお届けしました。

選曲にはかなり悩みましたが楽しんでいただけていたら幸いです。

最後は「東京のバスガール」をはとバスの社員さんとお客さんの大きな手拍子とともにお届けしました。

 

 

 

 

 

無事に大役を務めることができてホッとしています。

ツアー参加のお客様、はとバスの皆さん、苗場プリンスホテルのスタッフの皆さん、ありがとうございました。

CDやオリジナルグッズを購入してくださった方もありがとうございました。

ツアーの思い出のひとつになっていたら嬉しいです。

 

イベント終了後、7代目はとバスイメージガールの稲葉千晴さんとはとバス公式キャラクターの「しゃぽぽ」ちゃんと記念写真を撮らせていただきました。

 

 

空いている時間には苗場プリンスホテルを散策。

 

 

 

 

リハ後にはホテルの方がゴンドラを案内してくださいました。

山の上の気温は19℃。標高1518m。

冷んやりとした空気と高原の香りがとっても気持ちよかったです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、天空テラスが以前よりも進化していて、壁画に絵が描かれていてフォトスポットが増えていました。

思わず私も写真を撮って遊んじゃいました。

 

 

 

 

 

 

つづく。