ストラトのピックアップの多くは、

ランダムポールピースとか、スタッガードと呼ばれる、

ポールピースの高さが各弦で違います。

やっかいなのが、3弦が高すぎるんですよね。

だから3弦だけ音量が大きくなる。

3弦だけ弦高を高くするわけにもいかないし・・・。

昔の、3弦が巻き弦だった頃の名残だそうで、

なぜか、この名残が頑なに継承されています。

で、この3弦のポールピースの高さをなんとか下げたい。

ヤスリで削った強者もいると聞きます。

でも、トンカチでコンコン叩いて下げるってのが、一番常識的です。


しかし、これには勇気がいる。そりゃ大事なピックアップが壊れるかもしれないから。

割れるかもしれないし、断線するかもしれない。


そこで、フェンダージャパンの古い純正ピックアップでやってみました。

ニッパーの二股の柄を台座にして、大きめのマイナスドライバーをポールピースにあてがい、

トンカチでコンコン叩いてみた。

下がった!

簡単に下がりました、ていうか下がりすぎたので、逆に裏からも叩いて調整しました。



画像で、左(ネック側)がSSL-1、右(センター)が3弦のポールピースを下げた純正ピックアップです。

おそらく、ピックアップが古かったから、ポールピースが本体から緩んでいたのでしょう。

ピックアップをピックガードに装着した状態で叩いても、結構簡単に下がります。

ピックガードが割れたらいけないので、やはりピックアップをピックガードから外した状態でやった方が良いです。


じゃぁ、新品のSSL-1はどうかな?ってことで、やってみました。

ビクともしません。

壊れるのでは?というくらい、ガンガン叩きましたが、

下がる気配はありませんでした・・・。

やっぱりあきらめた方が良いですね。


ちなみに、フェンダージャパン純正ピックアップのリアのパワー不足を感じていたので、

3弦のポールピースは下げて、1、2、5、6弦のポールピースをを上げてみました。

良い感じです。