一浪凡人が東大を目指す

才能はない、そんな凡人も東大を目指す。


テーマ:

こんにちは、しばです


駿台の数学の青本を4冊持っていたのですが

収録年数が6年分であるため

4冊のほとんどに問題の重複があることがわかり軽くショックを受けています

お陰で4冊全て問題を解いてしまいました

残っているのは河合の1冊のみなので

若干足りなくなりそうです


取り急ぎの数学の課題は複素数です

なにせ収録問題数が少ないので



物理は慣れの問題かも知れませんが河合の問題集の方が難しいように感じました

二体問題を解くには相対運動を見るか重心系から見るかの方針があるわけですが

この解法がテンプレ的に適用できる問題はそう多くないわけで

数学のドリルのように

超典型問題を数題用意して

色々なアプローチで解くという経験を積んだ方が良いと思いました


割り算にセンスも何もないように

システム化されてる解法や技術の習熟度は

只々こなした回数に比例するようです




英語は早稲田の90分セットを60分で解く練習をしています

去年受けた時は初見だったためわかりませんでしたが

各大問の内容は毎年同じなようなので

これもやればやるほどタイムは縮まると思いました

(演繹的思考についての文章が2年連続出ていたのは偶然なのか)




早稲田の化学を解いてみて

いわゆる奇問難問が出ていないことがわかったので

物理で詰まってもいいようにこちらで点を確保したいです


それから有機のX決定のスピードが落ちていたので京大化学で有機だけ補完します

あとは河合のオープン問題集で演習を



古典は2日に1回寝る前に2、3年分やっているのでもうすぐ25ヶ年分終わりです


“嘆きつつひとり寝る夜のあくる間は

いかに久しきものとかは知る”


ここ歌が好きです

現役で初見の時に内容云々よりとにかく上手いなぁと思った記憶があります








残り20日を切りました

最近ちょっと体調が悪いです


あまり日の光を浴びていないからか

人と話していないからか

睡眠時間が足りないからか


いずれにせよ3週間後には全て終わる話です

そしたら1回後ろを振り返るのも悪くはないかなぁとは思います

今はまだ早い


迫っているのは決戦の時

1年ぶりのリベンジのチャンス

この1年間の意味を決定づける時





昔本屋で見かけた本のタイトル


たとえ明日世界が滅ぶとも

今日私はリンゴの木を植える


Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces, I would still plant my apple tree.

    -- Martin Luther


1日の終わりに

明日だとか昨日だとか関係なく

今日を1日として完結させられるか

人生はその積み重ねです




Just trust yourself, then you will know how to live.

  -- Johann Wolfgang von Goethe



One’s philosophy is not best expressed in words; it is expressed in the choices one makes

   -- Eleanor Roosevelt




What do you want meaning for?

 Life is desire, not meaning.





絶対東大受かるぞ!




受験生応援URL↓(ぜひポチッと)

http://suguni.todai.in/ranklink.cgi?id=Breaker 


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。