一浪凡人が東大を目指す

才能はない、そんな凡人も東大を目指す。


テーマ:

こんにちは、しばです


前回のエントリにコメント、メッセージ下さった方はありがとうございます

まだ引き続き御意見頂きたいと思っています



さて先日ちょっと早起きをして

6時にテレビをつけると

テレビはもうミサイルの話で持ちきりでした

2分前にミサイルが発射され東北・北海道・北関東・中部の方向に向かっていると

自分の地域が該当している如何に関わらず滅茶苦茶テンパりました


のちに友達に聞くと

みんな二度寝したとか

地震速報ぐらいにしか取っていなかったとか

(もはや地震速報は二度寝してしまうレベルなんですね)

どうせ自分の地域には落ちないとか

そのように考えていた人が大部分みたいです


よく正常性バイアスやら言いますが

僕の場合有事の際は常に最悪の事態しか考えられなくなるため

僕がそのとき想定したのは

核弾頭を積んだミサイル群が数分後に自分のすぐ近くに落ちるというものでした


これだけ聞くと

大袈裟でちょけてるような言い草ですが

当時は本当にそう考えていて

実際にほぼ死を覚悟していたような感じでした(文章で書くとやはりなにかおかしいですね)


もう頭の中では数分後に死ぬ予定だったので

最後に何をしようかと考えていたのですが

その数分間の間は

僕は人間でなく生物としてありました

受験も利害も何も考えず

頭の中には終わりを迎える生とその先に待ち受ける死しかなかったと思うのです


そして防空壕も核シェルターもない日本においてただ死ぬ覚悟を促すのみである国民保護情報を目の当たりにして

いかに現代人の自分が生物的に無力であるかを思い知らされました


結局自分ができたことはといえば

カーテンを閉めて厚手のジャンパーを着て

密閉された風呂場にこもることだけ

(先にあげた人々からすればこの行動すらも馬鹿馬鹿しいんですかね)


残された数分で思ったことは

4、5ヶ月間声を聞いていなかった母親に電話することだけ

(結局本当に電話をして、5ヶ月前と変わらない声を聞いたら急に焦っているのが馬鹿らしくなり、他愛もない話を数分して電話を切りました。なぜ馬鹿らしくなったのかはわかりません。安全を確信したのか、生に固執するのを放棄したのか)


友達にこの話をするとやはり笑われますし

自分も笑い話として話しているのですが

今回は偶々"そうでなかった"だけで

"そうなっていた"可能性も十分にあるわけで




最近では核弾頭の他に

生体兵器(サリン、VX)も搭載する技術があるやらで

さらには核弾頭にしても

40-2000kmの上空で爆発させることで

日本全国の電気・通信系統を破壊(麻痺ではなく破壊だそうです)するEPM(電磁パルス攻撃)という方法もあるそうで

そうなった場合復旧になんと年単位の時間がかかり

食料確保、衛生維持ができず石器時代に交代した文明は

1年後に人口の90%が死亡するという想定もあるそうです



そうなったとき

やはり人間は人間であることをやめ生物へと姿を変えることになるんでしょう

そこでは学問の持つ最大の機能とも言える

"カオスに秩序を与える"といったことは一切働かず

ただ身体的物理的強さがモノを言う世界が広がる


かのアインシュタインは

学んだことを全て忘れてもそれでも残っているものが教育だと言いましたが


もはやそんな状況では残るものはただ獣性だけですよね


そうなったときに自分はそれでも生へと固執するのか

はたまた自明とされる生への執着を放棄するのか(生への執着が生物の本能だとすれば、自ら生を放棄することが人間に残された最後の理性的行動とさえもいえます)




結局言いたいことはただひとつ

せっかく今日まで積み上げてきたんだからさ

変な冗談よしてくれよな





絶対東大受かるぞ!



受験生応援URL↓(ぜひポチッと)

http://suguni.todai.in/ranklink.cgi?id=Breaker



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。