ライフオーガナイザー®の会田麻実子です。

 

昨日から息子の学校がスタート。2週間強の休みですが、なんとなくホッと一息ついています。誰もいない家を掃除できるってラクだなと思いつつ、昨日は念入りに掃除機をかけました!

 

長期休暇といえば、宿題がつきもの。わが家の小学生男子は、目の前の楽しいことに心奪われて、後回しにしていた宿題を休み後半に半泣きになりながらする、なんてこともよくある風景でした。

 

 

長期休暇のたびに、わたしと一緒に作る一覧表は、息子によると「あると安心なもの」のよう。けれど、全体量を見える化しても、それとやる気は別。まあ、それは仕方ないよねと遠巻きに(?)様子を見ていた5年生のある日、息子の宿題の取り組み方が突如として変化。自分なりに考えて、取り組むようになりました。

 

その時何があったのかと思い出すと、明日から夏休み…という日に学校から帰ってきた息子が「大変なんだよ、宿題がたくさんあるんだよ」と言ったことくらいでしょうか。

実際どうかというと、確かに昨年よりも多少は増えているものの、実際はそこまでの大幅増というわけではなかったんですけどね。

 

 

その後、自分で宿題のペース配分を決め、毎日淡々と少しずつ、けれど例年にないハイペースで仕上げて行きました。母さんびっくり。

 

さらに驚くことに、夏休み終了後の宿題への取り組み方までも変化!

それまでは、わたしより先に帰宅する日は、わたしが帰るまで宿題には一切手をつけなかった息子。夏休み以降は、進んで宿題を終わらせるようになりました。

どちらにせよ、宿題はやるのでどっちでもいいと言えばいいのですが、息子の中で何かが変わったんだなあと感じました。

 

この冬休みも、「自主学習は苦手な漢字」と自ら決めて毎日書き取りをし……

 

 

書き初めも心配だからと早々に取り組み……

 

 

あっという間に終了!4年生までと同じ人とは思えません。本当に。

 

何が息子の中で変わったのか、具体的な何かは正直よくわからないんですよね。本人に聞いても「夏休みに宿題がたくさんあるなって思って、大変だーってなったから」と言うだけですし汗

 

想像の範囲ではありますが、「宿題がたくさんある!」と気づけたことで、宿題と初めて主体的に向き合ったのかなと思っています。

これまで一部分しか見えておらず、受動的にしか取り組めなかった宿題の全体感を把握できたことで、主体的なものに変化して、自分なりに考えて動けるようになったのかなと。

 

 

自分で考え、

主体的に行動できるようになると

結果が大きく変わる

 

というのは、片づけの現場でも強く感じることです。

 

見つけた方法をそのまま真似る「受動的な片づけ」と

得た情報を自分なりに咀嚼し、自分にあわせる「主体的な片づけ」。

 

受動的な片づけは、リバウンドしやすく

主体的な片づけは、試行錯誤や工夫につながります。

 

片づけサポートの中で、わたしからの提案に対して「こういう風にしてみたいです」と、ご自分の行動パターンやくせをお客さまなりに考えて、アイデアが出るようになるとご卒業も間近!と嬉しくなりますニコ

 

自分でハンドルを握るって大切なんですね、やっぱり。

 

にほんブログ村テーマ
もっと心地いい暮らしがしたい!

にほんブログ村テーマ
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

 

ブログランキングに参加中!

\\クリックしていただけると励みになります♪//

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

にほんブログ村

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

【募集中のセミナー】

・ライフオーガナイザー2級認定講座

2018年1月16日(火)@東京都荒川区(ムーブ町屋)

 

 

【片づけサポート】
・新規のお客様のご訪問は、最短で2018年2月となります。

・継続のお客様は別途日程をご用意しておりますので、ご相談ください。

片づけサポート(空間のオーガナイズ)
メンタルオーガナイズ個人セッション

 

お問合せはこちらから