2003-11-28 16:01:24

人生は一度だけ。/唯川恵

テーマ:小説

著者: 唯川 恵
タイトル: 人生は一度だけ。

こういう軽い本は少なくともここ1年読んでないのですが、
斜め後ろの友達が、「メチャ感動した!!」ってことで、授業中読書。
不慣れなので逆に戸惑いましたが、「イイ女って?」
「イイ女になるには?」について、色々考えさせてもらいました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2003-11-27 15:59:19

不安な童話/恩田陸

テーマ:小説


著者: 恩田 陸
タイトル: 不安な童話

某ギタリストさんが、恩田さんを最近お好みらしいので読んでみました。

寝られない・・・。

ホラーは勿論、ミステリー、サスペンス、等等・・・
やっぱり読めないということが改めて判りました。

いや、この作品は全然怖くなく、面白いと思うんですが。
私の想像力と肝の小ささが問題なわけですね。怖がりなわけですね。
抽象的だと思っていた表紙が、読んだ後改めてみてみると、
「ぅわっ」って言ってしまいました。ドキドキしました。

今日はドキドキしないのを読みます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2003-11-20 15:58:20

シュガータイム/小川洋子

テーマ:小説


著者: 小川 洋子
タイトル: シュガータイム

奇妙な日記。
その日食べた物が延々と書き綴られている。
そんな冒頭を読んだとたん、この本に一気に引き込まれました。
というのも、私自身が、恐ろしい量を食べてしまう傾向があるから。
でも私とは全く違いました。
確かに食べることで頭が一杯になると、過食のそれと同じ気持ちになるようです。
でも、彼女は気分が悪くならないし、吐きもしない。
体型も体重もベストのまま変わらない。
大好きなスーパーマーケットへ行き、隅から隅までゆっくりとまわり、
買い物篭を一杯にする。
食べ物の描写が細部にわたってされており、
食べ物ではなく奇妙な生き物のように思えてしまいます。
それでも物語は淡々と進んでゆきます。
食べ物はどんどん消化されてゆきます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2003-11-19 15:56:22

It(それ)と呼ばれた子/デイヴ・ペルサー

テーマ:外国の小説

著者: デイヴ ペルザー, Dave Pelzer, 田栗 美奈子
タイトル: “It”(それ)と呼ばれた子 幼年期

予約が入って強制返却だったり、貸し出し中だったり、
ずっと読みそびれていましたが、やっと幼年編を読みました。
何というか、う~ん。すべて著者が体験したことだと思うと。
体中が痛くなって吐き気がしました。
そして改めて思うのです。私は幸せなんだと。
こう書いてしまうと、全くの他人事(そのとおり)ですが。
そう思うことで、ひとにやさしく接することができる気がするのです。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2003-11-18 15:53:51

密やかな結晶/小川洋子

テーマ:小説

著者: 小川 洋子
タイトル: 密やかな結晶

消失が起こった日の朝は、すぐそれとわかります。
空気がざらついていて、島中が静かなざわめきに包まれています。

ある日目覚めたら、「何か」が消失している。
昨日まで読んでいた小説。
これは、何だろう。
「小説、だよ。君が大好きな」
「ショウ、セツ?」

その島から、何かが消えてゆく。ひとつひとつ。
次に消えるのは?
何が消えてもおかしくない。
小説を書いている「私」は思う。「もし言葉が消失したら?」
そして、この体にもいつか訪れる、消失。

切なすぎて、悲しすぎて。
放課後の図書室で、顔を涙だらけにして読んでいました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。