女性から現金350万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は9日、詐欺の疑いで、東京都小金井市東町、無職、長嶺修介容疑者(52)ら男2人を逮捕した。2人は詐取した金を金融機関から引き出す「出し子」役で、同課は今年2月に長嶺容疑者の顔写真を公開、「知人に似ている」と情報が寄せられていた。

 同課の調べによると、長嶺容疑者らは昨年9月中旬、別の仲間とともに信販会社関係者を装い、足立区の自営業女性(54)に電話で「(息子に金を貸しているが)返済期日から1週間過ぎている。今日中に払えば利息金もかからない」などとうそをつき、現金350万円をだまし取った疑いが持たれている。

 女性は30代の長男の借金と勘違いし、要求に応じたという。

 一方、警視庁は9日、「出し子」2人の顔写真を新たに公開した。公開は7回目。スーツの男は八王子市のコンビニで、帽子の男は品川区のコンビニで、それぞれ今年1月下旬、詐取金を引き出していた。

 情報提供は同庁「振り込め詐欺ホットライン」((電)03・3501・2967)へ。

【関連記事】
1億2千万円被害も… 警視庁が振り込め詐欺「出し子」写真公開 
これが振り込め詐欺の「出し子」だ!! 警視庁が5回目の写真公開 
進学校卒業生宅狙った振り込め詐欺で男3人を追送検 和歌山県警
子供が名門高…ご注意 振り込め詐欺1億円超 卒業生名簿悪用か
振り込め「出し子」を逮捕 計3億円詐取か

宮城県警に発足した「海燕隊」の使命は…(読売新聞)
域内自由化、新目標設定へ=APEC貿易相会合が開幕―札幌(時事通信)
Facebook、訪問者数でGoogleを抜いて1位に
<火災>民家全焼 10代姉弟が死亡 大分(毎日新聞)
みんなの党、阪急百の元部長を擁立へ 参院選大阪(産経新聞)
【鳩山ぶら下がり】(27日夜)

 鳩山由紀夫首相は27日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が政府方針への署名に反対の姿勢を崩さなければ罷免する可能性について「まだ、そのようなことは一切考えていない」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

【普天間問題】

 --社民党がきょう、沖縄県名護市の「辺野古」と明記した日米合意を前提とした政府の対処方針には閣議で署名しないということを正式に決めた。首相は社民党、連立与党の合意をどう図っていくつもりか。また、3党の党首会談をいつ開くのか

「これはやっぱり3党の連立政権でありますから、この連立の中で、みなさま方に理解をいただけるように最大限、今、努力をしている最中であります。いろいろな会談もその中で必要ならば行ってまいりたい」

 --きょう3党党首会談を行う予定か

「決めていません」

 --社民党の福島瑞穂党首を説得できなかった場合、閣僚全員で署名することと、福島消費者・少子化担当相大臣の主張のどちらを優先するのか

「今、ご理解をいただけるように最大限を、の努力をしているところであります。日米関係は大変重要であるということは言うまでもありません」

 --罷免というのも選択肢の1つなのか

「まだ、そのようなことは一切考えておりません」

 --首相が目指す基地機能の分散について、きょうの全国知事会を経て、実現可能性をどのように考えるか

「知事会のみなさん、大変ご配慮いただいて、真摯(しんし)に検討をするということをまとめていただきました。大変ありがたいことでございまして、知事会のみなさん方に必要に応じてそれぞれ個別具体的にお願いをするということも、これから考えてまいりたいと思っています」

 --社民党の反対がここにきて非常に目立っている。首相は5月の1カ月間、沖縄県や鹿児島県・徳之島など地元への説得を重視してきたが、連立への目配りが足りなかった、しまったなという気持ちはないか

「連立政権を維持するということにおいて、当然これまでもいろいろと議論申し上げてまいりました。その中でご主張はご主張として、貫いておられるということであります。これからもお互いの主張は主張として理解をしながら、理解を深めて合意点を見いだせるように積極的に努力してまいりたいと思います」

 --日米の共同声明の中には辺野古という文言を盛り込む一方で、政府の対処方針の中には辺野古と入れないという考え方も出ているようだ。2つの文書にそういった違いができることについて首相はどのように考えるか

「日米共同宣言、日米共同声明、それは考え方は1つであります。それに基づいて、何らかの閣議の中での決定というか、結論を得るということでありますから、何も矛盾はありません」

【関連記事】
ハトヤマ、サヨナラ! 米で相次ぐ酷評
鳩山首相、沖縄米訓練の受け入れを要請 全国知事会で
福島氏「辺野古、県内に明確に反対」 社民が最終局面で対応協議
普天間で反発の福島氏に首相「理解に向け努力。それしかない」
普天間移設 許されぬ文言の使い分け

<口蹄疫>宮崎県の補償額400億円 ワクチン接種の牛と豚(毎日新聞)
<傷害>道路にロープ…原付きが転倒、61歳軽傷…愛知(毎日新聞)
水ビジネスで官民協議会=来月初会合へ―前原国交相(時事通信)
社民、署名拒否を決定 日米共同声明「辺野古」削除要求(産経新聞)
バカラ賭博店に部屋提供 元外交官を逮捕(産経新聞)
 名古屋市の河村たかし市長は26日、代表を務める地域政党「減税日本」から、参院選比例代表もしくは愛知選挙区(改選数3)に候補者擁立を検討していることを明らかにした。「国のために減税を訴える勢力を伸ばしたい気持ちが強い。擁立を求める声もある」と述べる一方、「(参院選まで)時間がないし、民主党の仲間もいる。状況は難しい」と慎重な姿勢もみせている。

 河村市長は「良さそうな人はいる」と意中の人物がいることを示唆。親しい民主党国会議員に候補擁立について相談したという。

 愛知選挙区は民主2、自民1の現有議席維持を目指す両党に、共産、社民、みんな各党などが挑む構図になっている。高い知名度がある河村市長率いる減税日本が加われば、情勢が大きく変わる。

 減税日本は、河村市長の公約である市民税10%減税を実現するため、次期市議選での過半数確保を目指して4月26日に設立された。【丸山進】

【関連ニュース】
名古屋市:全職員ボーナス削減案を提出へ…河村市長
河村名古屋市長:「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ
名古屋市長:減税案6月定例会に 本格議論を期待
名古屋市:河村市長 就任1年の日も署名活動で街頭へ
地域政党:「減税日本」を結成 名古屋市の河村市長

橋下知事「大阪は原潜みたいに沈みっぱなし」(産経新聞)
現行案なら条件付き容認=普天間で名護市辺野古区(時事通信)
京極夏彦さん 新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)
<訃報>作詞家の吉岡治さん 「天城越え」などヒット多数(毎日新聞)
【from Editor】企業と読者のナビ役に(産経新聞)