乾物は難しくない。 | スローライフにっき。
2004年10月19日

乾物は難しくない。

テーマ:りょうり
スローフードには、その食べ物の作られる過程がスローであるものと、調理にかかる時間がスローであることと両方があげられます。前者はオーガニックの土地になるまでに数年をかけて浄化させ、農薬や化学肥料を使わずに栽培した食物などって自己解釈をしております。昨日作ったチリビーンズなどは後者ですね。

乾物の調理というのは、もどす時間が必要なためかあまり人気がありません。私も一人暮らしを始めた頃は、高野豆腐や切干大根、ひじき等買ってみても、しばらく引き出しに入れたままでした。

乾物の調理はお腹がすいて、すぐ食べたい場合には不向きではあります。
こんな時頼りたい乾物はパスタなどの麺類、おにぎりに巻くのりも乾物か(笑)、まぁそっちになる訳で。

http://home.tokyo-gas.co.jp/shoku110/chie/271.html

乾物の戻る時間をみてみると、ほとんどが10分、長くても30分で戻るんですね。乾物は包丁で切らなくてもいいものが多いので、実はお手軽です。

でもまぁ、豆を煮るのは一種イベント的ではありました。
前日から一晩かけて豆を水につけておかないとならない。その仕込みがあってこそ食べられるし、その仕込みの長さがまた美味しさを与えてくれる気がします。
とはいっても、寝る前に水につけただけなんですけどね。
昔、おばが小豆を煮てカキ氷にかけてくれたり、おはぎを沢山こさえていました。
おはぎは幼少の頃はすごく甘かったのに、おばが糖尿病を気にしだしてから甘さ抑えすぎのおはぎが出来たりして・・・それもまた楽しかった記憶。お手伝いもしましたね。

時間のかかる家事は嫌いになってしまいそうだけど、
時間をかけてする家事はとても楽しいんだと、スローフードは教えてくれます。
毎晩のご飯に気合を入れられない多忙な方も、休日に楽しんでスローな暮らしを試してもらえたらな、と思います。

う~ん、次はおはぎも作りたいなぁ~~~~。

slowlifeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス