これまでしてきた記述の勉強 | slow-lifeのブログ

slow-lifeのブログ

2019年司法書士試験に合格したい!


テーマ:

初学者の頃は、今ほど司法書士試験の記述式に関する市販テキストは充実していませんでした。

 

最初に手にしたのは、竹下先生のブリッジシリーズです。

不動産、商業共に買ってきて、まず理論編をやってみました。

なるほど、こんな感じで択一の知識を記述式に変換していけばいのね、と理解しましたが、実戦編の問題を解いてみて感じました。

商業は何とかなっても、不動産は何かが足りない。。

この本を今の私が何回解いても、本試験では必要な点数が取れそうにない。。

 

その何か、は何なのか。きっと、知識不足なんだろう、と考えてひな型集を購入。

一通りやってみました。

ひな型完璧には程遠いけれど、問題を解く上で少しはマシな感覚になってきたぞ。よしよし。

 

そして初めて本試験の過去問を解いてみました。

すると、あれ、この日付はどっちを取ればいいの?名変は先でオッケーなのかなあ。。

それとも省略できたっけ?この根抵当権、確定してる?してない?

してないなら、この登記は出来るけど、うーん。。。

 

とにかく一問解きながら頭の中はハテナだらけになりました。

 

そっか、問題の形式に慣れていないからよね、きっと。

と、辰巳が出していた過去の答練の問題をまとめた問題集を買って解いてみました。

 

形式には何とか慣れて来たけど、やはり登記できない事項とかは初見では見破れない。うーん、なんとかせねば。

 

そして、オートマ記述式に突入。

これは何度も繰り返しました。

ホントに何度も何度も。

おかげで力はついたと思います。でも、まだ課題が残っていたのでした。。。

 

オートマ記述式の問題は、実際の本試験よりコンパクトにまとまっているし、

何度も繰り返し解くと情報をもれなく拾えるようになってきます。

 

でも、本試験の実際の形式だと、ページ数が多いので、それに伴いミスが増加!

 

この数年は、いかにミスなく情報を拾い上げていけば上手くいくか、

色々な予備校の先生の方法を盗みつつ構築中です。

 

最終的には蛭町先生のフレームコントロールに落ち着き、とにかく大枠を外さないことを念頭に置いて取り組んでいます。

 

記述の勉強ばかりしてるわけにもいきませんからね。。

 

さあ、今日も一日頑張ろう!

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

slow-lifewithfireさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス