2019年ゴールデンウィークの「magniflex(マニフレックス)」 | グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

「あなたに合ったより良い眠り」を届けるために。
静岡県三島市のウメナ寝具本店(国道136号線沿い)が発信するBLOGです。
店長でsleepdesigner(睡眠健康指導士)の杉本圭が睡眠と寝具の関係性を主に寝具販売の現場に立っている専門家ならではの情報を贈ります。


テーマ:
2019年の長い長いゴールデンウィークが終わりましたね。私は当然ながら仕事三昧でしたが、皆さんはどんな過ごし方をされましたか?


さて、このゴールデンウィーク中にあったイタリア製高反発熟睡寝具「magniflex(マニフレックス)」に関するお話をいくつか書きたいと思います。




まず、このゴールデンウィークは貸し布団のご注文を大変多く頂きました。ありがとうございます!いや~、流石は10連休、今年のゴールデンウィークは年末年始よりも貸し布団が大変でしたね。


そして、当店の貸し布団は台数限定ですが敷ふとんにマニフレックスの「イタリアンフトンⅡ」を採用しています。基本的にこちらの都合でランダムに組んでいますが、予約の段階でイタリアンフトンⅡを指定してもらえばお貸しする事も出来ます。




このゴールデンウィークに海外からお越しのお客様に寝てもらう布団を探している方からイタリアンフトンⅡをご指定頂きました。イタリアンフトンⅡならベッドで寝る感覚で眠れますからね。




店頭で試し寝をされるお客様の多くも、見た目の薄さを感じない「しっかりと支える感覚」にビックリされますし。イタリアンフトンⅡはSサイズで税込3万以下で買えます。このコスパに勝てる寝具ってなかなか出てこないですよね。


それから、当店の貸し布団ですが6月から新プランを導入します。お楽しみに!

■当店の貸し布団ついて
当店Webサイト ⇒『便利な貸し布団』



次は新商品のベッドマットレス「オクラホマ」をご購入頂いたお客様のお話です。




日頃から起床後の腰痛に悩まされていたのですが、ゴールデンウィーク中に家族旅行をした際に泊まったホテルでは腰痛が起こらなかったそうです。旅行から帰ってきて自宅のベッドマットレスで寝たらやっぱり腰痛が起こったので、「これは自宅のベッドマットレスが悪いんだ」と確信してお探しにいらっしゃいました。


ちなみに、そこのホテルは別にマニフレックスを採用していた訳じゃありません。そこのホテルに問い合わせて同じベッドマットレスを購入しそうな状況ですが、近所の当店にお越し頂きました。ありがとうございます!


もちろんマニフレックスを採用しているホテルや旅館は日本国内にも多数ありますよ。お探しの際は下記のサイトをご覧ください。

●マニフレックス公式Webサイト ⇒『マニフレックス導入の宿のご案内』


色々と試し寝をしてオクラホマに決まったのですが、マニフレックスはベッドマットレスでも「真空ロールアップ製法」なので簡単に持ち帰り出来ます。




ご希望サイズもSだったので当店に在庫があり、ご来店頂いたその日にお持ち帰り頂きました。後日、古いベッドマットレスの回収に伺ったのですが、その際、実際に使ってみての調子をお聞きしたら「調子は非常に良い!」と喜ばれていました。良かったです!


そして下の写真は回収してきたベッドマットレスです。




金属コイルのオーソドックスなタイプです。20年近くご使用になられていたみたいで、流石に中央部分のコイルが弱くなっていましたね。本日、産廃業者さんへ持ち込みご苦労様してきました。

■ベッドマットレス「オクラホマ」についてはこちらのBLOG記事を
当BLOG ⇒ マニフレックス新商品(2019年4月4日)
『23cm厚のベッド用マットレス「オクラホマ」』



3つ目のお話は、マニフレックスではなく枕の相談に来られた方なのですが、色々とお話を伺った結果、枕ではなくマニフレックスのオーバーレイタイプ「スーパーレイロイヤル」を只今レンタルにてお試し中です。




枕を何度も買い替えてこられた方でしたが、枕が合わない根本的な原因は今使っているベッドマットレスが硬すぎる事でした。本人は低い枕で寝たいのに横向きの際に肩が窮屈になるのをどうしたら解決できるのか、その解決策を枕に探していたので見つからなかったんです。


ただ、実は一度スーパーレイロイヤルと同じオーバーレイタイプの低反発マットレスを使った事があったのです。それは結局動きづらくて寝にくかったので、今ではタンスの肥やしになっているそうです。そんな経験があると、本当にオーバーレイなの?って疑いたくなりますが、しっかり「低反発と高反発の違い」をお話しました。


スーパーレイロイヤルは触ると柔らかいので低反発を勘違いされる方も多いですが、押し返す力がしっかりあるので高反発です。


後は実際に使ってみてどうか。ご返却の日を待ちます。

■当店は敷寝具を自宅で実際に試せるレンタルサービスも行っています
当店Webサイト(こだわり寝具)
『敷寝具のレンタルサービス』


■当店の枕に関する考え方についてはこちら
当店Webサイト(こだわり寝具)
『自分に合った「枕」』



最後、ゴールデンウィーク最終日に高校の先輩がご家族でお越し下さり、マニフレックスの「DDウィング」「イタリアンフトンⅡ」「エルゴ・トッパー」をお買い上げ頂きました。いつもありがとうございます!




先輩曰く「昔はなんでも寝れたのに、最近は疲れが取れないんだよね」と。


マニフレックスを買いにいらっしゃる方のこのセリフは良く聞きますね。寝ても疲れが取れないと感じると寝具に興味が出るんでしょうね。実はゴールデンウィーク後、新社会人さんが寝具を探しに来るケースがここ数年増えています。多くの新社会人さん抱える悩みもこれですね。


一晩中カラダを支える敷寝具は睡眠の質に大きく関係しますから


それに毎日使う道具です。仮に一日平均7時間寝ているとすると、年間で2,555時間を敷寝具の上で過ごしています。それだけ多くの時間を過ごす道具ってなかなかありませんよね。今よりちょっとぐらい寝具に使うお金を増やしても無駄にはならないと思うんですよ。


しっかり眠れたら、体のパフォーマンスが上がるし、風邪は引きにくくなるし、肌はキレイになるし、太りにくいカラダになるし、生活習慣病や認知症の予防にもつながるし。


とにかく寝具に投資しろ!高い寝具を買えばイイって事じゃないんです。せめて寝具は通販で完結させないで実物に触れて、寝て、試して購入する位の価値観を多くの方に持って欲しいな~って思っています。

■半世紀以上、世界中で愛され続ける高反発寝具マニフレックスの事なら当店まで!
当店Webサイト ⇒『こだわり寝具』

■マニフレックスのご愛用者様に製品の評価(良い点・悪い点)も頂いています!
当店Webサイト内 ⇒『お客様の声』





マニフレックスはもちろん、睡眠や寝具に関する相談は電話やメールでも受け付けていますので、お気軽にどうぞ。

【電話番号】055-977-2200(営業時間内にお願いします。)

【E-Mail】info@umena.biz(48時間以内の返信を心掛けています。)


by sleepdesigner:圭(睡眠健康指導士・ダウンプロフェッサー)


■一緒に読んでほしいBLOG記事
当BLOG ⇒ お店の日常(2019年4月5日)
『MONOQLO 2019年5月号でマニフレックスの「フラッグFX」が最強の快眠マットレスに!』

当BLOG ⇒ 店内の様子(2019年2月18日)
『話題の低反発マットレスと高反発マットレスを寝比べてみて下さい』

当BLOG ⇒ お店の日常(2019年2月12日)
『マニフレックスを試さずに高反発寝具が語れない理由』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2017年4月18日)
『マニフレックスと類似品の決定的な違い』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2017年3月14日)
『“さわる・すわる・ねる”は全て違う』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2015年8月23日)
『高反発と硬いは違う』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2014年10月28日)
『敷ふとんは硬い方がイイという誤解』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2019年4月30日)
『枕の相談に対する様々な提案』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2017年2月14日)
『自分に合った枕選びのポイントは“自宅で何に”寝ているか』


【2019年4月の最もアクセス数の多かった記事】
●当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2015年10月13日)
『寒いはずなのに布団を蹴るのはなぜ?』




◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』


◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設

◆当店Instagram ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)


■ウメナ寝具本店のもう一つの顔『三島のタオル屋さん』
タオルがいっぱいコレクション



≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
E-Mail:info@umena.biz
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。


★ウメナ寝具通信~2019春号~発行しました。
メインテーマ【春にちょうどイイふとん「真綿の掛ふとん」】



●ウメナ寝具通信を全て見たい方はこちら
当BLOG ⇒ ウメナ寝具通信(2019年3月7日)
『「ウメナ寝具通信~2019春号~」発行しました』

sleepdesigner(ウメナ寝具店長)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ