綿毛布の気持ち「僕を見て、薄くて暖かくなさそうって思う人… 損してるな~」 | グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

「あなたに合ったより良い眠り」を届けるために。
静岡県三島市のウメナ寝具本店(国道136号線沿い)が発信するBLOGです。
店長でsleepdesigner(睡眠健康指導士)の杉本圭が睡眠と寝具の関係性を主に寝具販売の現場に立っている専門家ならではの情報を贈ります。


テーマ:
これは綿毛布の"気持ち"です。


「僕を見て、薄くて暖かくなさそうって思う人… 損してるな~」






見た目がキレイでスベスベのアクリル毛布と比較すると、確かに薄くて頼りなさそうかもしれないけど、綿毛布って実際は暖かいんです!


綿毛布に限らないけど、自然素材の毛布なら吸着発熱って能力を標準装備していて、薄いけど使うとじんわり暖かくなってくるんだよね。


そして何より「掛布団の内側に使える」って魅力的でしょ。




アクリル毛布だと掛布団の上(外側)に使わないとダメ。内側に使うと蒸れちゃって毛布や掛布団が体からズレたり、最悪の場合は無意識に蹴飛ばしちゃうからね。


でもでも、毛布を使ってる人の本音って「毛布は掛布団の内側に使いたい」でしょ?


テレビなんかで"毛布は掛布団の上に乗せましょう"って散々言ってるけど、そうじゃなくて"内側に使える毛布を紹介してよ!"って凄く思う!


綿毛布はね。汗を吸える素材だからね。内側に使えるんです!


しかも、これから春になって暖かい日と寒い日が交互にやってくる季節にも便利なんだよね。寒い日に春用の薄めの肌掛ふとんに綿毛布を1枚足すとちょうど良かったりするから。


ウメナ寝具さんは綿毛布を沢山置いてます。それぞれに特徴も違って、皆ライバルっていうより、綿毛布が一つのチームみたいにお客様の要望に対応できる様に品揃えを考えます。




気になる綿毛布のお値段はSサイズが税込4,990円~15,800円の間です。安くはないけど、そこまで高すぎもしないでしょ。ちゃんとしたカシミヤ毛布だと安くても4万円位はするし。


綿毛布は"洗濯"も毛布の中では簡単な部類。一応、洗う前に洗濯表示はチェックしてほしいかな。


綿毛布、ぜひ見に来てね~


(ウメナ寝具の綿毛布より)


■一緒に読んでほしいBLOG記事
当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2018年12月4日)
『布団や毛布を蹴らずに眠る方法』

当BLOG ⇒ 店内の様子(2018年11月11日)
『毛布の「重さ」も表示を始めました!』

当BLOG ⇒ 人気の綿毛布(2018年10月11日)
『ロマンス小杉のシール織ふかふかケット』

当BLOG ⇒ お店の日常(2016年1月18日)
『またもや「間違った毛布の正しい使い方」がテレビで流れてますね…』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2015年11月20日)
『毛布の正しい使い方』

当BLOG ⇒ お店の日常(2014年11月18日)
『なんだか毛布の正しい使い方が話題になっていますが…』

当BLOG ⇒ お店の日常(2014年10月23日)
『毛布は掛ふとんの下に使うの?上に使うの?』


by sleepdesigner:圭(睡眠健康指導士・ダウンプロフェッサー)


★こだわり冬物寝具ほぼ全品クリアランス中★
詳しくはこちら
羽毛布団・毛布・敷パッド・パジャマ等の冬物寝具「プライスダウン」しました!

★年始特典「寝神籤(ねみくじ)」開催中★
詳しくはこちら
平成31年の年始特典「寝神籤(ねみくじ)」

◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』


◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設


≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
E-Mail:info@umena.biz
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。


★ウメナ寝具通信~2018冬号~発行しました。
メインテーマ「暖かいだけじゃない"気持ちもイイ"冬の寝具の条件」


●ウメナ寝具通信を全て見たい方はこちら
当BLOG ⇒ ウメナ寝具通信(2018年12月6日)
『「ウメナ寝具通信~2018冬号~」発行しました』

sleepdesigner(ウメナ寝具店長)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ