羽毛ふとんが苦手な人は『手づくり綿わた掛ふとん』 | グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

「あなたに合ったより良い眠り」を届けるために。
静岡県三島市のウメナ寝具本店(国道136号線沿い)が発信するBLOGです。
店長でsleepdesigner(睡眠健康指導士)の杉本圭が睡眠と寝具の関係性を主に寝具販売の現場に立っている専門家ならではの情報を贈ります。


テーマ:
冬用の掛ふとんと言えば「羽毛ふとん」と言っても可笑しくない時代ではありますが、中には羽毛ふとんが苦手、使えない、嫌いという人もいます。


その具体的な理由としては

●羽毛ふとんは重さを感じないから

●羽毛に対するアレルギーを持っているので

●羽毛ふとんは夜中に体からズレるから

などです。


ちなみに3つ目の理由、体からズレてしまうのは、日本で販売される羽毛ふとんの特性が関係します。


日本の羽毛ふとんは中身の吹き出しがNGなので非常に通気性の悪い側生地を使う必要があるのです。例え綿100%の側生地を使ってもムレやすいので、発汗量の多い方だと羽毛ふとんを蹴飛ばして、体からズレてしまうのです。子供や男性に多いですよね。参考までに、羽毛ふとんの本場であるヨーロッパでは吹き出しが当たり前なんですよ。


さて、話を本題に戻しますが、そんな羽毛ふとんが嫌いな方にオススメの冬用掛ふとんが日本伝統の手づくり綿ふとんです。


『手づくり綿わた掛ふとん』








羽毛と同じ自然素材の「綿(コットン)」を中身に使った掛ふとん。当店職人の手づくり品です。


当店が新品として常時販売している綿わた掛ふとんはミックスわたです。吸湿性を保ちつつ、保温力を出すためにふっくらさせたい。そのバランスを考えて綿70%、ポリエステル30%のわたを使っています。もちろん、このミックスわたなら打ち直しが可能です。


サイズも羽毛ふとんと同じSLサイズ(150×210cm)に合わせてあります。このサイズならカバー選びにも困りません。


そして昔ながらの鏡仕立てや額仕立てではなく「毛抜き仕立て」を行っています。これによってふとんの4隅にカバーのヒモを結べるループも付ける事が出来ます。




下の写真の左側、当店の冬用の羽毛ふとん(SLサイズ・ダックダウン90%・1.3kg)と比較しても膨らみ方に遜色はありません。ただし、動物性素材である羽毛の方が暖かく感じるとは思いますよ。




それから、中わたの綿わたの量が約3.3kgと羽毛ふとんの倍以上の重さになってしまいます。重さが欲しい方には丁度イイかもしれませんが、この重さをどう感じるかは実際に試し掛けをして判断してほしいですね。


お値段は税込19,800円です。表生地に使っているのは上質綿サテンになります。


表生地を通常の綿サテンにすれば税込17,800円、裏地と同じ綿の平織りにすれば税込16,800円です。


綿サテンの種類はこちらです。




サイズオーダーも出来ますし、わた量を変えて膨らみを変える事も出来ますよ。お仕立て期間は約1週間です。


掛ふとんなので5年ほど使ったら打ち直しを行いましょう。

●当店の手づくり綿ふとんのお手入れに関してはこちら
当店Webサイト ⇒お手入れページ
『手づくり綿ふとん』


※この記事を書いて、いざ公開しようと思ったタイミングで掲載した品が売れてしまいました。購入の理由もこの記事で書いた通り。神奈川県で一人暮らしする息子さんに「重い掛布団が欲しい」と言われたそうです(笑) 今から在庫品を急ぎで仕立てますので!


by sleepdesigner:圭(睡眠健康指導士・ダウンプロフェッサー)


■一緒に読んでほしいBLOG記事
当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2016年12月12日)
『風邪をひきやすいのは寝具が“ちゃんと”していないから…!?』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2016年4月25日)
『寝相の悪さはふとんの中のムレが原因かも…』

当BLOG ⇒ お店の日常(2018年6月16日)
『綿わた敷ふとんは打ち直すとこんなフワッフワッに!』

◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』


◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設


≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
E-Mail:info@umena.biz
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。

★ウメナ寝具通信~2018秋号~発行しました。
メインテーマ「本当に寝る子は育つ!」

●ウメナ寝具通信を全て見たい方はこちら
当BLOG ⇒ ウメナ寝具通信(2018年9月6日)
『「ウメナ寝具通信~2018秋号~」発行しました』

sleepdesigner(ウメナ寝具店長)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス