羽毛布団は縫っちゃダメです!補修布で塞ぎましょう! | グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

「あなたに合ったより良い眠り」を届けるために。
静岡県三島市のウメナ寝具本店(国道136号線沿い)が発信するBLOGです。
店長でsleepdesigner(睡眠健康指導士)の杉本圭が睡眠と寝具の関係性を主に寝具販売の現場に立っている専門家ならではの情報を贈ります。


テーマ:
朝晩、少し肌寒くなったので羽毛布団を押し入れから引っ張り出した人も多いみたいです。


「羽毛布団の中身が噴き出してきたので作り直してほしい」と、お持ちになられたお客様の布団の状態です。




生地が破けたのは数年前で、応急処置で手縫いして、カバーを二重にして使っていた様です。


昨日折り込んだ「秋のふとん祭りキャンペーン」のチラシを見て、『よし!作り直そう』と決心して頂けました。


ちなみに羽毛布団の側生地が破けた場合は作り直す(リフォームする)のも方法の1つですけど、「補修布で塞ぐ方法」もあります。寝具業界で流通する羽毛布団なら購入した時、商品にほぼ間違いなく付いていると思います。






使用年数の短い羽毛布団の場合はこっちの方法が良いでしょう。作り直すのはそれなりに費用が掛かりますからね。補修布はアイロンを使って熱圧着させます。


今回のお客様は破けた面積が大きかったのと、15年以上使っていて保温力も落ちてきた事情もあって作り直す事になりました。


まれに昔の綿ふとんの感覚で衿カバーを羽毛布団本体に縫い付けて方もいますね。これもNG行為です。


羽毛布団は針の穴程度の隙間から噴き出してきますので、良い状態で長い間使いたいなら絶対に縫わないで下さいね


さて、ただいま当店では『2018年「静岡県秋のふとん祭り」キャンペーン』を開催中です。





10月23日まで使える「クーポン券」をチラシ左下に付けています。


羽毛布団の作り直しはクーポン券を使って1,000円引きになります。


チラシが手元に無い方はご注文やお買い物の際に「ネットを見ました!」をおっしゃって下さい。


皆様のご来店、ご利用を心からお待ちしています。


●当店の羽毛掛ふとんにのお手入れに関してはこちら
当店Webサイト ⇒お手入れページ
『羽毛掛ふとん』

●当店の手づくり綿ふとんのお手入れに関してはこちら
当店Webサイト ⇒お手入れページ
『手づくり綿ふとん』

●当店の丸洗いサービスに関してはこちら
当店Webサイト ⇒お手入れページ
『丁寧なふとん・寝具の丸洗い』

●当店の敷ふとんやベッドマットレスについてはこちら
当店Webサイト ⇒こだわり寝具ページ
『もっとも大切な「敷寝具(敷ふとん・ベッドマットレス)」』

●当店の枕についてはこちら
当店Webサイト ⇒こだわり寝具ページ
『自分に合った「枕」』


by sleepdesigner:圭(睡眠健康指導士・ダウンプロフェッサー)


◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』


◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設


≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
E-Mail:info@umena.biz
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。

★ウメナ寝具通信~2018秋号~発行しました。
メインテーマ「本当に寝る子は育つ!」

●ウメナ寝具通信を全て見たい方はこちら
当BLOG ⇒ ウメナ寝具通信(2018年9月6日)
『「ウメナ寝具通信~2018秋号~」発行しました』

sleepdesigner(ウメナ寝具店長)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス