羽毛ふとんの作り直し(リフォーム)の実例⑦ 「SL冬 ⇒ SL軽量」 | グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

「あなたに合ったより良い眠り」を届けるために。
静岡県三島市のウメナ寝具本店(国道136号線沿い)が発信するBLOGです。
店長でsleepdesigner(睡眠健康指導士)の杉本圭が睡眠と寝具の関係性を主に寝具販売の現場に立っている専門家ならではの情報を贈ります。


テーマ:
水鳥の羽毛(ダウン)を中身に使った掛ふとん、通称「羽毛ふとん」は古くなっても中身の羽毛を再利用して使い続ける事が出来ます。


その様な羽毛ふとんの作り直しのシステムを『羽毛ふとんのリフォーム』と寝具業界では呼んでいます。


今回はこの羽毛ふとんのリフォームの実例を紹介しようと思います。

【実例⑦ 「SL冬 ⇒ SL軽量」】

お持ち込み頂いた羽毛ふとんはSL(150×210cm)サイズの冬用です。




見た目にキレイで、膨らみもある様に見えます。むしろ凄い膨らみがある様に思えます。リフォームする必要があるのかなと思えますが、実は中のマチが破損してしまって中身のダウンが端に片寄っていました。


このケース、減っている中央部分だけに新しいダウンを足せば良いと考えたくなりますが、片寄りの原因がマチの破損である場合、マチの破損を直さないと意味がありません。


底が壊れているバケツに水を入れても水は溜まりませんよね。


マチの破損の場合はリフォームを行い側生地を新品に替えましょう。


品質表示もキレイに残っていました。これは大阪の山甚物産さんの羽毛ふとんですね。




羽毛の混率は95%です。カナディアンマザーグースとあります。今ダウンジャケットで人気のカナダグースですね。そのグースの飼育期間の長い、かなり高品質なダウンです。恐らくダウンパワーは440以上だと思います。


ハンドピックと表記されていることから、最近のモノでは無い事も分かりますね。


側生地は残念ながら綿60%、ポリエステル40%でしたね。これは想像ですけど、ポリエステルを使った生地なのでムレて、寝相が激しくなり、マチの破損に繋がったのかもしれません。


この品質でダウン量が1.2kgなので、しっかり入っています。


もちろん中身のダウンをチェックしますよ。片寄りはありましたが、ダウンの状態はかなり良好でした。お話を聞くところ、購入してそんなに時間が経たないうちにマチが破損して使えなくなったみたいです。




作り直す際、同じSLサイズでも、こんなに膨らみは必要ないとのご要望でしたので足し羽毛はせず、ダウンの状態も良かったので温水洗浄ではなくスチーム洗浄でお見積りしました。

●洗浄方法は「スチーム洗浄コース(リフレッシュ)」

●新しい側生地は「コロネードB 4×5マス立体キルト(綿100%・80サテン)」

●足し羽毛は「無し」

●サイズは「SL(150×210cm)」

【料金は36,000円(税込)】


ポリエステルが混ざった生地は肌触りがしっとり滑らかなので、その肌触りに近づける為に側生地は80サテン生地を使う事になりました。洗浄方法を温水洗浄からスチーム洗浄にしているのでお見積り価格も安くなります。ちなみに、これを温水洗浄でリフォームすると42,000円(税込)となります。


こちらがリフォーム後の状態です。






ダウンの状態が良かったので洗浄しても100gしか減らなかったですね。


後、正常なマチとキルトの生地になったので畳んだ状態の膨らみ方も正常に戻りました。


「使用年数はそこまで経っていないけど、中のダウンに片寄りが出ているので作り直したい。」


「買った羽毛布団の生地が綿じゃなくて使っても布団を蹴飛ばしてしまう。」


羽毛ふとんをお持ちで、そんな心当たりがある場合はリフォームのタイミングかもしれません。


羽毛ふとんの状態診断とお見積りは無料で行いますので、お気軽にご相談、お持ち込み下さい。


羽毛ふとんのリフォームについてはこちらをご覧ください。その他の実例も紹介しています。

■当店Webサイト(お手入れ)
『羽毛ふとんの作り替え・リフォーム』



■一緒に読んでほしいBLOG記事
当BLOG ⇒ 寝具のなるほど活用術(2017年6月20日)
『羽毛ふとんを今よりもキレイに!暖かく!使いやすく!』

当BLOG ⇒ お店の日常(2017年4月11日)
『羽毛ふとんを押し入れに片付ける前に状態をチェックしましょう!』

当BLOG ⇒ 寝具のなるほど活用術(2016年5月14日)
『羽毛ふとんは仕立て直せる!』(羽毛ふとんのリフォーム)

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2015年6月18日)
『羽毛ふとんのリフォーム(仕立て直し)の価格差について』


by sleepdesigner:圭(睡眠健康指導士・ダウンプロフェッサー)


◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』


◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設


◆当店Instagram ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)


≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。

sleepdesigner(ウメナ寝具店長)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ