変人0号のブログ

変人0号のブログ

日常のいろいろを書いています。
川魚の飼育,カブトムシの飼育,その他…


テーマ:

前回の続き・・・

 

そんな感じでCore i7パソコンが2台の体制となり、スポーツキャスティングとサッカー試合のビデオ編集~レンダリング~ブルーレイディスクへのオーサリングの一連の作業が随分と楽になり約1年半が経過した2018年の夏頃から、今度はビデオカメラを4K画質にグレードアップしたくなってきました。

というのも、2012年10月から愛用していたビデオカメラ:JVC Everio GZ-HM1(2010年モデル)が6年の酷使の末、内蔵バッテリーの寿命を迎えてしまい時計機能を失ってしまったのです。

 

   2012年から6年間愛用してきたJVC GZ-HM1です

 

スポーツキャスティングでは高速で振り切られるロッドとシンカーを鮮明にFull-hd画質で撮影するためには、有効画素数:565万画素の裏面照射型CMOSを搭載するEverio GZ-HM1は最高のビデオカメラでした。

 

2010年モデルですが当時はもちろん現代でも最高画質のFull-HD画質ビデオです。

 

そのGZ-HM1と同等の高画質で撮影できるビデオカメラを現行モデルから探すとなると、必然的に4K画質対応ビデオカメラが必要となります。

最近のFull-HD画質ビデオカメラでは有効画素数が220万画素程度の機種ばかりとなっており、そのようなビデオカメラでは高速で振り切られるロッドの穂先部やシンカーの初速動作を鮮明に撮影することはできません。

 

一念発起して、ビデオカメラを4K画質対応のPanasonic HC-VX990Mに買い換えました。

Panasonic HC-VX990MのCMOS有効画素数スペックは、Full-HD画質で617万画素,4K画質で829万画素ですから、数値上はJVC GZ-HM1を超える画素数のCMOSセンサーです。

Full-HD画質でも4K画質でも、相当キレイ画質のビデオ撮影ができることが期待されますね。

 

初めて導入した4K画質ビデオカメラ:Panasonic HC-VX990M

 

折角ビデオカメラが4K画質対応なのだから、キャスティング競技もサッカー試合も4K画質で録画しておこう!

残念ながら我が家には4K画質に対応するテレビが今はないが、いつか将来買うかも知れない。

その時に懐かしいなと言いながら、2019年のキャスティング競技やサッカー試合の映像を見ても良いのではないか?

それに、4K画質で録画しておけばビデオ映像からキャプチャー画像を得る際にも最高画質の静止画を残すことができます。

 

新しく4K画質対応ビデオカメラを導入しましたが、録画メディアも必要ですね。

従来使ってきた32GBのSDカードでは、4K画質のビデオ録画可能時間は1時間ほどしかありません。

できれば純正バッテリー:VW-VQT380での連続録画可能時間:約3時間分が1枚のメディアで録画できると、バッテリー交換とSDカードの交換を同時に行えば良いので便利です。

 

そうなると、128GBのSDカードが必要になりますし、スポーツキャスティングの大会をフルに録画しようつすると、最低でも128GBのSDカードが2枚は必要になります。

 

2010年頃は32GBのSDカードが5,000円前後もしたのに、今では128GBのSDカードが2,500円前後で買える時代になったのですね・・・

 

ディスカウントショップで128GBのSDカードを2枚購入しました

 

この128GB SDカードなら、1枚で4時間弱の連続録画が可能になります。

そうなると、純正バッテリー:VW-VQT380の連続録画可能時間の方が1時間ほど短くなってしまいます・・・

 

で、ビデオカメラの取扱説明書を読んでみると・・・

何と、フツーのモバイルバッテリー(ただし、出力が1.0A保証のものですが)から給電して連続録画可能ではないか!!!

純正バッテリー:VW-VQT380が蓄電容量:3,880mAhで連続録画可能時間が3時間ほどということは、4時間の連続録画が可能なモバイルバッテリーは蓄電容量:5,200mAh以上のもの、ということになります。

 

なお、モバイルバッテリーの場合はビデオカメラメーカーの純正バッテリーに比べると繰り返し充放電寿命が短くなることが想定されます。

計算上の要求蓄電容量よりも一クラス大きい容量のモバイルバッテリーを購入した方が、少しでも長く安心して使えるのではないか?

ちょうど近所の家電量販店ではモバイルバッテリーの超特売的なセールをされていましたので、目標:6,000mAh以上のバッテリーで選定してみました。

 

で、選んだのがこちら。

 

マクセル製・6,700mAhもあるモバイルバッテリー

 

お値段何と1,600円ほどと、ビデオカメラの純正バッテリーの価格:約15,000円に比べると破格の安さです。

これなら少々充放電寿命が短くても気にならないかも・・・

 

このモバイルバッテリーをビデオカメラに接続すると、こんな感じです。

 

専用ケーブルはUSB端子になっているのでモバイルバッテリーから5Vを給電できます

 

ビデオカメラの取扱説明書によると、念のため純正バッテリーも取り付けておいた方が電源供給が安定して録画エラーなどのトラブルが回避できるようですね。

残りの録画可能時間が表示されなくなるのが少し不安要素ですが、6,700mAhのモバイルバッテリーで計算上は5時間くらいは連続録画可能みたいなので、SDカードが容量一杯になるまで録画してバッテリーとSDカードを入れ替えれば問題なさそうです。

 

そんなこんなで4K画質でのビデオ録画機材が一式揃いました。

次の課題は、4K画質ビデオ映像の編集~レンダリング処理は、従来のFull-HD画質よりも4倍程度重くなることが予想される点です。

 

富士通・ESPRIMO FH77/XDと東芝・dynabook T552/58Gの2台でも少し処理能力が足りないかも知れません。

できればESPRIMO FH77/XDに匹敵する性能のCore i7パソコンがもう1台欲しくなってきました。

 

一つの欲望を満たすと次の欲望が生まれ、それを満たすとまた三つ目の欲望が生まれる・・・

 

いっその事、ほとんど出番がなくなっているCore i3~Core i5パソコンを処分して、もう一台Core i7パソコンを導入してみようか?

かなり贅沢な悩みを抱え始めたのでした・・・

 

この続きはまたまたの機会に・・・・・・・

 

 


テーマ:

2016年9月にメインパソコンを富士通・ESPRIMO FH77/XDに買い換えました。

MS-Office2013 H&B Premiumがプレインストールされていましたから、現在はMS-Office2019に自動更新されています。

これから先も、MS-Officeがアップデートされる都度、最新版に自動更新されます。

 

    富士通 ESPRIMO FH77/XD(CPU:Core i7-6700T)

 

そんな待望のCore i7マシンでは、MS-OfficeよりもVideoStudioの方が圧倒的に稼働率が高くなっています。

そのVideoStudioでのFull-HD画質のビデオファイルのレンダリングですが、収録時間とほぼ同じ時間内にレンダリング処理が完了します。

 

それまで使っていたパソコンたちはCPUが動作クロック周波数が2GHz~3GHzのCore i3~i5の機種たちでしたから、Full-HD画質のビデオファイルのレンダリングではビデオファイルの収録時間の2倍(Core i5)~3倍(Core i3)の時間を要していました。

 

  富士通 FMV-BIBLO NW/G90Y(CPU:Core i3-330M)

  2010年春モデル・・・今となってはかなり「遅い」マシンです。

 

   富士通・LIFEBOOK AH58/E(CPU:Core i5-2520M)

   2011年秋モデル・・・このマシンならギリギリ現役続行可能でしょう。

 

FH77/XDを購入するまでは、ビデオ編集作業の用途でもCore i5があれば十分かな?と思っていたのですが、FH77/XDのCore i7 6700T(2.8~3.6GHz)の処理能力の高さは一気にビデオファイルのレンダリング時間を半分にしてくれました。

 

では、と早速ながらセカンドマシン:富士通・LIFEBOOK AH56/E(CPU:Core i5-2520M 2.5~3.1GHz & メインメモリ:8GB & HDD:750GB)をサードマシンに格下げし、中古のCore i7 ノートパソコンをセカンドマシンとして購入したのが2016年12月でした。

 

購入したセカンドパソコンは…

東芝・dynabook T552/58G(CPU:Core i7-3630QM 2.4~3.4GHz & メインメモリ:4GB & HDD:750GB)です。

メーカーカタログ仕様ではメインメモリ:8GB & HDD:1GBのモデルですが、中古市場ではよくあることでメインメモリが一枚抜かれて4GBに、HDDは換装されて750GBにダウンサイジングされています。

(その仕様変更の影響か?相場よりは1万円ほど安く購入できましたが…)

 

   東芝・dynabook T552/58G(CPU:Core i7-3630QM)

   2012年秋モデル・・・意外と高性能なので気に入ってます

 

さすがにメインメモリが4GBではFull-HD画質のビデオファイルを扱う際に能力不足かと思い、手持ちの2GBメモリを追加して6GB仕様にしてみました。

さらに、OSはデフォルトのWindows8からアップグレードしてWindows8.1に格上げしました。

 

これまで数年間主に富士通製パソコンを使い続けていながら、何故ここで東芝製パソコンを購入したのかというと…

実は我が家で使用しているブルーレイレコーダーが東芝・REGZAでして、ライブ映像と録画映像をホームネットワークで配信可能な「RZスイート」のアプリ機能が欲しかったのです。

 

そして、一番の利用目的であるFull-HD画質ビデオファイルのレンダリング処理では、旧世代Core i7のCPUながらメインパソコン:富士通・FH77/XDより少し処理時間が長く掛かるかな?的な所要時間でFull-HD画質のビデオファイルのレンダリング処理をこなしてくれるので、なかなか心強いセカンドマシンとなってくれました。

 

具体的には10分間のFull-HDビデオファイルのレンダリング所要時間実測平均値は、富士通・FH77/XDが9分59秒で、東芝・T552/58Gが13分25秒という結果でした。

 

2012年秋モデルの東芝・T552/58G(CPU:Core i7-3630QM 2.4~3.4GHz)と2016年春モデルの富士通・FH77/XD(CPU:Core i7-6700T 2.8~3.6GHz)との間で、Core i7のCPU性能が約26%向上したということになります。

 

一方で富士通・FH77/XD以降、富士通に限らず主な日本メーカー製パソコンのCPUは爆発的な性能アップはしていない模様で、どちらかというと低電圧タイプ=省電力仕様のCPUを採用するパソコンが増えてような気がしますので、恐らく富士通・FH77/XDについては発売から3年ほど経つもののほぼ最高スペックのCPUを積んだパソコンの部類に入るのでは?と勝手に解釈しています。

 

こうしてCore i7マシン2台体制が整って以降、ビデオファイルのレンダリング性能が劣るサードマシン:富士通・AH56/Eは徐々に出番を無くし、近頃は専ら中学生の息子が学校のレポートを書いたりサッカースパイクのリサーチをするための学習用パソコンに用途変更したのでした。

 

趣味のスポーツキャスティングでは年間5~6大会で、息子のサッカー試合では年間2~3イベントで、競技の様子をビデオ撮影してブルーレイディスクを作成していたのですが、Core i7のパソコンが2台もあれば従来のCore i3~i5パソコンを使っていたときに比べて約半分以下の時間で編集~レンダリング作業が完了します。

 

そんな感じで、2017年~2018年のスポーツキャスティング&サッカー試合のビデオ編集作業はずいぶん楽になりました!

そうなると、ふつふつと次なる欲望が渦巻いてきます・・・

その「欲望編」はまたの機会に・・・

 

 

 


テーマ:
久しぶりの更新です。

2年前に購入したWindows10パソコンの、富士通ESPRIMO FH77/XDですが、USBポートはパソコン裏側に3箇所と、前面に1箇所、そして右側面に2箇所もあります。

この内、右側面にある2箇所のポートの片方は、最近採用が増えてきたUSB3.1規格のタイプCポートです。

我が家のUSB接続機器には、USBタイプCポートを使用するものはなく、この2年間一度も使ったことがありませんでした。

コネクターに裏表がなく、コネクターの中を覗いて向きを確認しなくても、挿せば繋がる便利なUSBポートです。

データの読み書き速度も、USB2.0規格に比べて10倍の速さなら、ハイビジョン映像のデータ転送などではかなりの高速化が見込まれます。

このUSBタイプCコネクターを、USB3.0コネクターに変換する器具が販売されていますが、普段は1,600円ほどするので、購入をためらっていました。

ところが!
先日の某家電量販店の広告で、1,000円に安売りされているではないか!

すぐに一つ購入して、USB3.0で繋いでいた外付けHDDをタイプCポートでパソコンに接続してみました。





まだ重いデータの転送は試しておらず、ビデオ編集のためにビデオカメラから取り込んだファイルにVideo Studio X9からアクセスしただけですが、やはりコネクターの着脱が楽になったのは有難い機能です。

さらに、何気なく立ち寄った100円ショップでは、何と!USB3.0規格コネクターをタイプCポートコネクターに変換するアダプターがたったの100円で売られているではないか!!!

もちろんこれも購入してみました。





早速パソコンのUSBタイプCポートに挿してみましたが、1,000円で購入したものに比べると15センチのケーブルが無い分スッキリしています。


100円なのに、キチンとUSB3.0規格に変換してくれているのは大変有り難いです。

しばらくは両方の変換コネクターを使ってみて、100円コネクターの耐久性が如何程のものか評価してみようと思います。

もし耐久性に問題無ければ、外付けHDDの数だけ変換コネクターを買っておいても良いかも。。。








テーマ:

N BOXでは、ワゴンタイプの軽自動車として同乗者にもゆったりくつろげる空間を提供したり、軽ワンボックスタイプの広い荷室を提供したりと、後部座席のシートアレンジを切り替えることでマルチプレイヤーなキャラクターを発揮します。

 

その機能をフルに活用するべく、ホームセンターで購入した500円の合成繊維帯布を用いて我ながら上出来の荷室マットが製作できましたので、2013年2月10日のブログで紹介しました。

 

 

N BOXでは、荷室マットを後部座席の背もたれ裏面に常時貼り付けるためにマジックテープを用いた装着方法を採ってみました。

いつでもすぐに、後部座席を倒して広大な荷室を形成してちょいちょいちょいっと荷物が積み込めるようにしたのです。

 

今回我が家にやってきたヴェゼルにも、後部座席のシートアレンジを切り替えることでN BOXほどは高さこそないものの、面積的には遜色ない荷室面積を作り出す機能が備わっています。

 

そこで、ヴェゼルの荷室用にホームセンターで薄手のゴム質マット(1畳サイズ)を2枚購入し、現物合わせで採寸・裁断してオリジナル荷室マットを製作しました。

 

 

ただし、ヴェゼルの場合は5人乗車用シートレイアウトでの荷室エリアがそれなりの広さで備わっていますから、後部座席を倒して広大な荷室エリアを必要とする機会はN BOXよりもかなり低くなります。

 

後部座席を倒しての最大荷室面積状態で使用する荷室マット(後部座席背もたれ裏面用)は、常時貼り付けではなく使用時のみ敷き詰めるようにして、後部座席裏面の見栄えが悪くなることを避けてみました。

 

以下はヴェゼルの荷室マット製作過程です。

 

①まずは古新聞を利用して、ヴェゼルの実車で荷室の形状を型取りします。

 

 

②次に型取りした古新聞をゴム質1畳マットに重ねて、マジックで切り取り線を書き込みます。

 

 

切り取り線は実際の荷室形状よりも数mmずつ大きく形取っておくのが、きれいに仕上げるコツでしょうか。

 

③ゴム質1畳マットに書き込んだ切り取り線に沿って、ハサミで形状を切り抜いていきます。

④この状態でヴェゼル実車の荷室にマットを敷いてみて、あとは現物合わせでカーゴルームのフロアにピッタリ嵌まるように外周を少しずつ切り取って形状を整えます。

 

 

完成すると、こちらの写真の通り。ピッタリと実車形状に嵌まっています。

後部座席背もたれの裏面に敷くためのマットは、5人乗車モードでは通常のラゲッジルームサイズの荷室マットの下に隠しておき、使いたい時にだけ引っ張り出す仕組みです。

 

⑤最後に、余った1畳シート材を利用してリアホイールハウスの側面をガードするカバーも製作しました。

こちらは立ち壁に保護シートを設置することになりますが、マジックテープは使わずに車の内装の繋ぎ目にゴム質マットの上端を差し込んで吊すことで保持するようにしてみました。

 

 

結局、日曜日の朝9時から作業を開始して、荷室マットがすべて完成したのが夕方3時半頃・・・

この日は近所の買い物に出かけるくらいしかヴェゼルをドライブすることができなかったけど、来週末からのスポーツキャスティング練習や釣りでの荷物満載ドライブが楽しみになってきました。

 

 

 

 

 


テーマ:

我が家の愛車、N BOXについては何度か紹介しましたが、もう一台の愛車、RN8ストリームはまだ紹介していなかったと思います。

 

 

そのストリーム、2007年3月に我が家に来てからは家族旅行やスポーツキャスティング&釣りの遠征に11年間活躍してくれました。

今までにストリームで出かけた所といえば・・・

西は九州・長崎,福岡~南は四国・高知,愛媛,香川~北は島根~東は小豆島,淡路島,神戸などなど・・・

たくさんの旅行の思い出があります。

 

これまでの車歴でも11年も乗り続けた車は無く、大抵7年目の車検を目安に乗り換えをしてきたので、愛着も相当に持っていました。

 

走行距離は95,000kmを超えており、できればこのストリームでオドメーターが100,000kmを表示する瞬間を見てみたかったのですが、それを実現するためには11年目の車検費用とタイミングチェーンや点火プラグの交換などなどにも支出が必要となります。

 

 

あと4年~5年乗り続けるつもりでないと今回の車検を通すことはできないのですが、そうなるとN BOXの買い換えとも時期が接近し過ぎて支出が重なることになります。

 

そんな事情もあり、愛着はあるもののストリームの買い換えを決意したのが昨年秋のこと。

 

買い換えの候補としては、ストリームと同じく6~7人乗車が可能なステップワゴン,フリード,ジェイドといったミニバン系の車と、普通に5人乗りですが今まで乗ったことのないSUV系のヴェゼルを挙げて、ディーラーさんで実車の見学と試乗をさせてもらいました。

 

その買い換え検討第一段階で、まずはジェイドが脱落。

運転席周りの斬新さはあるものの、スタイリングやドライバビリティーの面ではストリームと大きな差が見いだせず、「買い換えた」感が無いのがマイナスポイントでした。

 

続く第二段階では、フリードが脱落。

デジタルメーターの視認性や運転席から死角の少ない運転視野の開放感はプラス評価だったのですが、何故だろう?試乗時に感動がほとんど感じられない・・・

さらに、後席に乗った家族から「シートが薄っぺらくてN BOX以下かも」との評価が最大のダメージとなり、候補から脱落。

 

やはり、運転して「楽しい!」ことと同乗者が「乗り心地良い!」と感動することは最重要でしょう。

 

ステップワゴンも、マイナーチェンジで登場した2モーターハイブリッドモデルの動力性能と軽快なハンドリングはミニバンとは思わせない素晴らしさで好評価だったのですが、二列目シートがセパレートタイプなせいか家族からはまたしても「乗り心地良くない!」との評価で脱落してしまいました。

 

結局、ドライバーの評価と同乗者の評価が共に最高評価だったのが、ヴェゼルでした。

試乗車は停止状態からの動き始めにハイブリッド特有の重さと鈍さを少し感じましたが、2月中旬予定のマイナーチェンジで動き始めがもっとキビキビ軽やかに動く見込みとのディーラーさんのアドバイスもあり、マイナーチェンジの詳細が分からないものの購入の契約をしたのが今年1月の終わり頃のことでした。

 

念のため、ほぼ同じハイブリッドシステムを積んでいるフィットを試乗させてもらい、動き始めのキビキビ感をチェックさせてもらいました。

フィットとヴェゼルでは、車重の違いとエンジンの特性差・・・直噴エンジンのヴェゼルに対しアトキンソンサイクルエンジンのフィット・・・があるので多少フィーリングは変わるかも知れませんが、マイナーチェンジ前モデルのヴェゼルよりはかなり動き始めのキビキビ感が増すと予想されました。

 

こうして、あとはマイナーチェンジモデルのヴェゼルが納車されるのを1ヶ月半ほど待つことに・・・

その間、愛着のあるストリームでの「ラストラン」を楽しむことにしました。

 

ストリームでのラストランは、11年前に納車されて最初に家族でドライブに出かけた四国・香川県へ行きました。

香川県は私の祖父母が暮らしていた地であり、子供の頃には夏休みに遊びに行って海や山で過ごした楽しい思い出があります。

大人になってからは車で何度も訪れていますから、特にナビに頼らなくても主要な観光名所や祖父母が住んでいた地区には行くことができます。

 

琴引公園で巨大な砂の銭形を見て、いりこの産地:伊吹島が見える峠で愛車の写真を撮り、小学生の時に初めてキスやベラを釣った海岸へ行って・・・

と、11年前に新車ドライブしたルートをほぼそのまま走ってみました。

 

 

ハンドルやシフトレバー,アクセルペダルとブレーキペダルは常に手足が触れている場所なだけにかなりくたびれていますが、運転が楽しくて疲れず乗り心地も良いストリームでの往復230kmほどの日帰り小旅行は、良い思い出になりました。

 

 

これでいよいよストリームともお別れか・・・と思ったのですが、ヴェゼルの納車までにはあと1回「ラストラン」できるので、最後は愛車で釣りに行ってみるか!と、しまなみ海道を南下して生口島へ行きました。

 

 

残念ながら釣りの方は丸ボーズでしたが、天気も良く多々羅大橋をバックに写真を撮ったり、海岸沿いをゆったり走ってストリームでの最後の休日を過ごしたのでした。

 

そして、いよいよヴェゼルが納車の日。

朝からストリームを洗車&掃除してお別れの準備をします。

 

約2時間かけてきれいになったストリームで、本当に最後のドライブを・・・ディーラーさんまで。

ディーラーさんでは、これから納車されるヴェゼルとストリームを並べて写真を撮らせてもらいました。

 

 

さようなら、ストリーム。11年間、ありがとう。

こんにちは、ヴェゼル。これから、よろしく。

 

新しいヴェゼルでの初ドライブでは、ストリーム最後のドライブで行った生口島へ再び行ってみました。

 

ストリームでゆったりと走った海岸沿いの道路では、ヴェゼルはエンジンが停止してEVモードの超静寂クルージングに。

さらに有料道路区間では前走車を一定車間距離で追尾するオートクルーズ機能で楽々走行を。

ヴェゼルはストリームの世代には無かった先進技術で、運転がより安全で楽になり、そして低燃費になっています。

 

 

これからの11年を、ヴェゼルでまたたくさん思い出作ろうと思います。よろしくね。

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ