▼いざなぎ空ゲートテクニックの研修プログラムのお申し込みを受け付けています。http://skybank.main.jp/?page_id=52

 

 

確か、「忘れる」と「思い出す」は、《同時になされなきゃならない》って、以前におっしゃいましたよね?と、いざなぎ空に問いかけてみた。意味が飲み込めなくて、ずっと腑に落ちずに、気になっていたのだ。

 

 

 

そうだよ。それが「心の明晰さ」につながるワケさ。

 

 

 

よくわかりません。どうして、それが「心の明晰さ」につながるんでしょうか?

 

 

 

「忘れること」と「思い出すこと」が《同時になされる》ことは、結果的に恐れから解放されて、愛に気づくことにつながるワケさ。つまり私たちの「本当の心」、「愛」だけが現実で、不変で、限りがないことを経験できるようになるんだよ。

 

 

 

それって、「恐れ」を動機にして生きるか、「愛」を動機にして生きるかってことなんでしょうか?「自我」の混沌や恐怖を再生続けるのをやめて、「愛」の秩序の中で生きなさいってことなんでしょうか?

 

 

 

まぁ、別の表現で言わしてもらうなら、「原因世界=いま」と「結果世界=ここ」を同時に意識している「瞑想状態」で生きるわけさ。

以前にも説明したと思うけど、本当のあなたである「虚空意識」が眠ってしまわないために、いつも覚醒しているためには、この世の「目前の対象」がどうしても必要なわけさ。

つまり、知覚する「道具」として、あなたの「肉体」が必要になるわけ。ところが肉体の中の自我の「アウトレット」には、快適さや健康、快楽のための商品があふれんばかりに展示されているために、あれもこれもと夢中になって、常に頭の中を一杯にしてしまっているわけさ。ところが買い物カゴの中身は自我の産物、要はすべて幻想で、何の役にも立たないものばかりなわけさ。

 

 

 

ということは、その自我の「アウトレット」から外に出て、外の大気を、「虚空」のエッセンスを、思いっきり吸い込みなさいってことなんでしょうか!?

 

 

 

まぁ、そういうことになるかなぁ。

自我の外、「愛」の陽射しを浴びて、その完璧さを、思いっきり吸い込む。そして深々と呼吸するのさ。その宇宙には、ひとつのものしかなくて、完璧な心の「思い」だけがあるんだよ。この考え方を、あなたの中で「反復」して練習すれば、その「経験」が起こってくるわけさ。

この「完璧さ=時間がない」は、あなたの心の初期設定に元々あるのだから、それに気づいて「思い出せ」ば、それに従った完璧なパターンの「心の明晰さアプリ2.0」が作動して、すでに完璧に叶えられて在る「経験」が、あなたの前に引き寄せられてくるわけさ。

 

 

 

そ、そうなんですか!?でも結局のところ、それもカタチである以上、やはり「幻想」なんでしょう??

 

 

 

そうだよ。本当のあなたは「抽象」そのものなわけさ。その抽象を「思う」ことは不可能なわけさ。どんな「思い」も、具体的なカタチを借りなければ、何もイメージできないわけさ。

なので、あなたがたにイメージをカタチづくるための端末としての「肉体」が、与えられているわけさ。

 

 

▼個人セッションとワークショップを行っています。http://skybank.main.jp/?page_id=7

 

 

 

つまり、具体的なモノは、そもそも何も存在してないってことなんですね。「肉体」は、あくまで「経験」するための端末に過ぎないわけなんですね。だとすると、まさにこの世というのは、バーチャル・リアリティーそのもの、グーグルグラスやアマゾングラスを、いまさら改めて買い求める必要もないハメになってしまっていますよね??

 

 

 

まあ、それは選択の自由だけど、とりあえず、気づいてもらえて嬉しいよ。繰り返しになるけど、具体的なモノは、そもそも何も存在しないわけ。心だけが「現実」なわけさ。

だから、望んでないことが現れたら、一つひとつキャンセルして、「愛」と「安心」を選ぶ直す必要があるわけさ。けっして「知覚」したものが現実だと思い込んじゃいけないわけさ。あなたが深いところで「足りない」と思っていることが投影されて、その「知覚」が現実を生み出しているのだからさ。

 

 

 

ということは、私は、絶対にこんなことを望んでいません!!いちいち虚空に向かって「キャンセル」して、何度も何度も「祈りなおす」ことが必要だって、そうおっしゃっているんでしょうか?

 

 

 

そいうことさ。自我の「抵抗」に、その「足りない」という意識に気づいたら、その都度、本当の思い、虚空の「初期設定」を思い出して、もう一度祈り直す必要があるわけさ。

 

 

 

つまり、そのことが、「忘れること」と「思い出すこと」が《同時になされる必要》があるって、そうおっしゃった「理由」なんですね?

 

 

 

そういうこと。どちらの力も一つの源からやってきているわけさ。私たちの心は、「奇跡」を創造する力も、「幻想」を作り上げる力も持っているわけなんだよ。そのどちらかを受け入れたほうが、自分にとってのリアリティ、つまり現実となるわけさ。

 

 

 

そうすると、「自我」に意識を置く代わりに、初期設定された完璧な力に、その光に意識を向ければいいんですよね。自我はあくまで「幻想」で、完璧な心にだけ「力」があり、「実在」しているってことですよね?

 

 

 

もちろんだよ。少し話が前に戻ってしまうけど、その完璧さを、深々と吸い込んで「呼吸」していたのは、はっきりいうと「あなたがた」ではないわけさ。

 

 

 

はぁー。すると誰なんですか??

 

 

 

あなたがたではなく虚空が、つまり、「宇宙」が呼吸しているわけさ。「忘れること/思い出すこと」の永遠の循環を、あなたがたの肉体の「呼吸」というやりかたで「心の明晰さ」を維持して、宇宙が、あなたがたのためだけに絶えず行なっているわけさ。

 

 

 

ふーん。理解を超えてますけど、なぜか感動していまーす♪(´ε` )

 

▼いざなぎ空ゲートテクニックの研修プログラムのお申し込みを受け付けています。http://skybank.main.jp/?page_id=52

 

いざなぎ空との対話はつづく。