▼いざなぎ空ゲートテクニックの研修プログラムのお申し込みを受け付けています。http://skybank.main.jp/?page_id=52

 

 

「以前に、株式市場の暴落であれ、人間関係のひどい衝突や離婚であれ、思いがけない倒産や失業であれ、その時に感じる“痛み”や“苦しみ”を、思いっきり感じなさい、っておっしゃいましたよね?」と、いざなぎ空に問いかけてみた。ずっと腑に落ちないで、気になっていたからだ。

 

 

 

よく覚えていないけど、でも言わんとした意味はわかっているよ。

 

 

 

とすると、それは、どういう「意味」なんでしょうか?

 

 

 

あなたがたが「痛み」を感じるその時に、その「痛み」そのものよりも、その「理由」のほうに意識がいってしまうわけさ。会社が悪いとか、市場や彼や彼女がこうだから、被害者である自分が酷い目にあっているんだ、とかね。

つまり、「痛み」そのものじゃなくて、その痛みにまつわる「考え」に意識がいってしまっているわけ。だからある意味、「痛み」そのものには、むしろ「鈍感」になってしまっているんだよ。

 

 

 

ということは、おっしゃっているのは、「痛みそのもの」じゃなくて、「痛みの理由」に意識がいっていて、その「考え」に苦しんでいるってことなんでしょうか?

 

 

 

そうだよ。

「痛み」そのものじゃなくて、その痛みにまつわる「考え」に、あなた方は苦しんでいるわけ。つまり「痛み」そのものを受け入れないで、ありのままの現実に、勝手に自分勝手な「物語」をつくって、「抵抗」しているわけさ。「苦しみ」っていうのは、すべて「抵抗」から生まれてくるんだよ。

 

 

 

よくわからないんですけど、「痛み」そのものを受け入れていないから、私たちは「苦しい」んですか?それはつまり、「痛み」そのものじゃなくて、むしろ私たちの「考え」のほうが「苦しみ」を生み出しているって、そうおっしゃっているんですか??

 

 

 

もちろんだよ。

だから、思いっきり「痛み」や「苦しみ」を感じてみなさいっていったわけさ。「理由」や「原因」は無視して、その痛みを、素直に、ただ受け入れればいいわけさ。できれば今すぐ、あなたが今抱えている苦しみを思い出して、その苦しみに、ただ浸ってみなさい。

 

 

 

(僕は黙って、とりあえず、その痛みに浸かるように、思いっきり感じてみた…確かに苦しい行為だけど、しばらくすると、妙に落ち着いてくる。いや、むしろ苦しみがどんどん縮んでいくような、そんな感じだ。なんか、少し安らぎさえ感じるかも…)。

 

 

 

どうかね?どんな感じかな?

 

 

 

うまく言えないですけど、なんか、「痛み」が少しずつ縮んでいっている……そんな感じかも。

 

 

 

なるほど。ところで今この瞬間に、その痛みを「観察」しているのは「誰」かね??

 

さぁぁー???でも、僕しか、他にいないですよね???

 

それが、意識していない「本当のあなた」さ。

いま痛みを感じている、その痛みを「観察」し、「眺め」ているのが、本当のあなたなわけさ。本当のあなたは、いつもどんな時もそばにいてくれているんだよ。なのに、あなたが、痛みにまつわる「考え」に一体化して、その苦しむ「役割」を演じているのが「自我」なわけさ。

ようするに本当は、「自我」なんて存在してないわけさ。「自我」というカタチから、その一体化から力を取り戻すために、私たち精霊、いざなぎ空との対話が、あなたに起こってきているワケなんだよ。

 

 

 

▼個人セッションとワークショップを行っています。http://skybank.main.jp/?page_id=7

 

 

ということは、何度もおっしゃるように、僕は「自我」でもないし、この「肉体」でもないってことなんですね?

 

 

 

そういうことさ。本当のあなたも、私たち精霊も、みんな光意識なわけ。光のマトリックスなわけさ。

 

 

 

やっぱり、自分は「自我」のつもりでも、ありのままの現実では、「自我」なんて幻想なんですね?

 

 

 

はっきり言わせてもらうと、あなたは生まれてもいないわけさ。当然あなたがたの「身体」も存在していないから、死ぬこともないわけさ。もちろん個性なんてものもないし、成長なんてこともあり得ないわけ。

 

 

 

それってつまり、何もかも「幻想」で、「光」しかないってことなんですか?

 

 

 

そういうことさ。すべては「夢」なわけ。

 

 

 

だとしたら、僕って一体なんなんでしょうか?

 

 

 

あなたは「夢見る者」なわけさ。

これって、すごくいいニュースなわけさ。夢の中で展開される物語のキャラクターの一人なのではなくて、その夢を見ている者、つまり、「創造者」そのものなわけさ。この世の中に存在しているように見えるあらゆるデキゴトや出会いは、全てあなたの意識がデッチ上げたカタチに過ぎないワケさ。何もかも、あなたの「心の海」の表面で起きているさざ波で、すべてあなたが見ている夢の中の「幻想」なワケさ。

そんな風に、自分自身の立ち位置が変わることで、あなたがたの人生が、その夢の中のドラマが変わってくるようになる。その変化を目撃することが、あなたがたの「奇跡」であり、シンギュラリティとしての「経験」なわけさ。

 

 

 

でも不思議なのは、僕の「自我」も「身体」もなくて、「光」しかないのでしたら、どうして僕の「思い」が、神というか、「光」にちゃんと伝わるのでしょうか?

 

 

 

いい質問だね。

まぁ、そのためにあなたと私たちの対話が起こってきているわけさ。私たち精霊が、まぁ「魂」でもかまわないけど、あなたがたの「思い」を翻訳して、神に、光エネルギーのマトリックスに、伝えているわけさ。

 

 

 

そ、そうなんですか!!

なんとも言えないくらい、あなたがた精霊は、素晴らしい存在なんですね!!

 

 

 

そう言ってもらえると、すごく嬉しいよ。

いつもなんとかして、あなたに、その時々の状況に最も適切なものを、つまりこれだよね、っていう「光」を見られるように、たえず努力しているわけさ^ - ^。

 

 

 

はーい!!感謝感激でーす♪( ´θ`)ノ

 

▼  いざなぎ空ゲートテクニックの研修プログラムのお申し込みを受け付けています。http://skybank.main.jp/?page_id=52

 

 

いざなぎ空との対話はつづく。