▼個人セッションとワークショップを行っています。http://skybank.main.jp/?page_id=7

 

 

 

イエスが、「私は、自分では何もできない」といった意味がわかるかね?と、不意に、いざなぎ空が問いかけてきた。近くの公園を散歩していた時だ。

 

 

 

 

ってことは、洗濯やトイレ行くことも、自分ではできないってことなんですか?と、意味がよくわからないので、僕はそう答えた。

 

 

 

 

ほぅー、軽口を叩く余裕はあるわけだ。もう少しマトモな答えは、浮かんでこないのかね?

 

 

 

 

すいませんm(_ _)m。もう少しスピリチュアルな意味で捉えるとして、例えば、自我の「思考」に反応して懸命に「何か」を行なったとしても、本当の成功は得られないってことなんでしょうか?

 

 

 

 

つまり、こういうことさ。あなた方が「いまに在る」ことに気づかない限り、行動だの希望だのと、外側にある「時間の次元」でばかり意味を探し求めて、永遠に彷徨い続けることになってしまうわけさ。そこで、なんとか「充足感」や「意味」を発見したにしても、そんなものはいずれは「解体」したり、偽りの「幻想」だったということになってしまう。

「時間」のなかで発見された「意味」には、相対的で一時的な真理しかないわけさ。あくまで思考は「動くカタチ」だから、いまに在る「静寂」に、静かに停止している思考抜きの「意識」に気づくことができないわけさ。

 

 

 

 

そ、そうなんですか?「いまに在る」というのは、静かに「停止」していることなんですか!?

 

 

 

 

そうだよ。何度か説明していると思うけど、いまに在るというのは、時間のない「静寂の状態」に、思考無しで「停止」しているってことなわけさ。

 

 

 

 

ということは、エゴや思考は絶えず動き回っているから、思考と「一体化」している限り、停止して「いまに在る状態」、その静寂に、なかなか「気づく」ことはできないって「意味」なんでしょうか?

 

 

▼いざなぎ空ゲートテクニックの研修プログラムのお申し込みを受け付けています。http://skybank.main.jp/?page_id=52

 

 

そうさ。常にカタチに自分を同一化しなければならないというエゴの「洗脳」を捨ててしまえば、本当のあなたである「内なる空間」、つまり「虚空の喜び」を感じることができるようになるわけさ。

しかしこれは、自我(エゴ)にとっては逆に自分を見失うことになるから、ものすごい「抵抗」に遭遇することになってしまうわけさ。

 

 

 

 

その「抵抗」に遭遇するから、私たちは、なかなか簡単には「覚醒」できないわけなんですね!

 

 

 

 

まぁ、そういうことになるかな。なので、イエスは、「本当の自分自身を発見するためには、自分を失わなければならない」と教えたわけさ。

 

 

 

 

ということはつまり、この世のモノや思考や感情等のカタチへの同一化が少なくなればなるほど、エゴという自我が貧しく小さくなる。そしてカタチのレベルに執着しなくなってくるから、私たちは今この瞬間と調和して、自我というカタチを取る前の自分に、静寂なる虚空意識に「帰還」することが可能になるってことでしょうか!!

 

 

 

 

なんとか追てきてもらえているようだね。いまこの瞬間の静寂には、カタチはないわけさ。できれば、静寂という言葉の概念も、あなたの頭/心から消し去って欲しいわけ。ただこの瞬間に停止して「在る」わけさ。しつこく言うけど、静けさには、カタチはないわけ。そして「思考」はカタチだから、いまこの瞬間の「時間のない静寂」に気づけないわけさ。なぜなら思考が止まると、「エゴの死」が訪れるからさ。

 

 

 

 

意外というか、ずいぶん感動的なお話ですね。すべての物語が消えてなくなるわけなんですね。見て、聞いて、嗅いで、味わって、触れるだけにして、要するに、一切の解釈やレッテル貼りを停止して、どんな分析も一切無しにするんですね!

 

 

 

▼いざなぎ空ゲートテクニックの研修プログラムのお申し込みを受け付けています。http://skybank.main.jp/?page_id=52

 

 

その通りだよ。

「思考」は現実を、生命のない断面に切り裂いてしまう。その切り刻まれた断片的な現実感ゆえに、破壊的で非理知的な行動が、あなた方の世界のあちこちで起こって来ているわけさ。

なので、その思考による「個別の幻想」を、いまこの瞬間にある「気づき」から分離してしまえば、まだカタチとして現れていない「生命の全体性」と「その喜び」につながるわけさ。そして、そのさらに深いレベルでは、すべてがひとつなわけさ。ここで最も重要なポイントは、あなたがそこに気づくことによって、そのすべてなる虚空意識が、あなたを通じて、この世にアクセスして、流れ込んでくるようになるわけさ。

すると、何処からか助けが現れたり、不思議な共時性が、頻繁に起こってきたりするようになるわけさ。

 

 

 

 

つまり、その共時的な現象の現れが、「私は自分では何もできない」というイエスが言った意味に、つながってくるわけなんですね⁈

 

 

 

 

そいうことさ。自我という「個別の思考」によって、「いまという瞬間」に、あなた方は無意識に背を向けてきたのさ。

 

 

 

 

「希望」や「期待」という思考のカタチに執着することで、エゴの罠である「偽の時間の牢獄」に囚われてきたってことなんですか⁇

 

 

 

 

もちろんだよ。思考がつくる時間を「否定」すれば、結果的にエゴを「消滅」させることになるわけ。すると、何をしても、うまくいくようになるよ。

 

 

 

 

わかりました。首から上を取り外して、とりあえず「頭」無しで、生きていきま〜〜す♪(´ε` )

 

 

 

▼個人セッションとワークショップを行っています。http://skybank.main.jp/?page_id=7

 

 

いざなぎ空との対話はつづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
AD