名古屋市東区橦木町、国道41号線上の大クスノキ | なごや散歩道

なごや散歩道

あっちこち気ままに歩いています


テーマ:

最近、週に一度訪れる日本棋院中部総本部ビル

その前にある大木が気になっていました。

 

樹齢300年、樹高18m、幹回り3.29mと言われる大楠(オオクスノキ)です。


国道41号線の拡幅工事のため、伐採が検討された時期があったようですが、

巨木ゆえの希少価値と地元の人たちの反対により伐採するのをやめ、

道路が迂回を余儀なくされたという神が宿る大木なのです。キラキラ

 

 

およそ300年も前の江戸時代から生き続けているクスノキにとって、

自分を取り巻く環境がどんどん変わっていくのは、

ショック迷惑な話かもしれませんね。

 

 

 

 

HideyaGGさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス