交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 会社勤め(システムエンジニア職)をしていたころ、課長のデスクに『THINK』と
書かれた三角プレートが置いてあるのを覚えています。感化されたわけではありませんが、
システム開発をしたり、脚本や小説など創作をするにあたり、考えることと対峙してきま
した。
 やみくもに考えても時間ばかり費やしてしまいます。また「これだ!」と閃きがあった
にしても、どんな根拠や意味などがあるのか不明瞭では“思いつき”にすぎません。堂々
巡りになったり、元も子もない結末になりかねません。


 ──「考える」とはどういうことか。


 『何(設問)に対して、どの観点(主観・客観・正面・側面・真逆・内外……)から、
どの方向(目的・意図)で、どれだけのネタ(材料)を分析・検討し、説得力(論理的・
意外性・効果)のある判断(答え)を導けるか』だと捉えています。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。