交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 塾生の脚本を読んで展開に疑問があれば、その根拠や意図を問います。返ってきた答え
に該当するエピソードや台詞を求めて再度検証します。しかし脚本のどこを探しても見当
たらないことがあります。結果現状では、意外性と受け取るにしてもムリがあり、論理の
飛躍としか言わざるを得ません。納得性に欠けます。つまり安易な発想(思いつき)で書
かれた……と判断できます。
 その旨を伝えると、
   「そんなつもりではなかった」
   「よく検討したはずなのに」
   「これで伝わるだろう(と思っていた)」
 などのコメント(謙遜? 希望的観測? 言い訳? 愚痴?……)が聞かれます。


 塾生ならアドバイスし不備を改良(改訂)していけます。しかし脚本コンクールへの応
募だとそうはいきません。送った原稿に書かれた内容がすべてです。審査員から問い合わ
せもなければ、審査会場に乗り込んでエピソードや台詞の意図を説明できるチャンスはあ
りません。
 成長のカギは、まず『つもり癖・はず症候群・だろう病』を脱却することです。


 ──どうすれば脱却できるか。


 要点だけですが、挙げておきます。


  ◆意識改革
  ↓
  ◆なに? どうして?(疑問)を投げかける ←────────────┐
  ↓                                 ↑
  ◆客観性・分析力・吸収力・発想力・表現力・堅実性・論理性を養う   │
  ↓                                 ↑
  ◆脚本創作の過程(検討・構成・執筆)をおろそかにしない       │
  ↓                                 ↑
  ◆観点・根拠・意図を明確にする                   │
  ↓                                 ↑
  ◆コンクールの締め切りに囚われない                 │
  ↓                                 ↑
  ◆一日一回は作品と向き合う(考える)                │
  ↓                                 ↑
  ◆作品に集中する                          │
  ↓                                 ↑
  ◆要所ごとにチェックする(PDCA → PCA・DCA)       │
  ↓                                 ↑
  ◆焦らない・ノンビリしない・断念しない               │
  ↓                                 ↑
  ◆向上心を保つ(さらなる意識改革)                 │
  ↓                                 ↑
  └────────────────────────────────→┘


 このほかにも有効と考えられる術(すべ)があれば実践して、自分に合った創作の流儀
を確立することです。ぜひ脱却して「これでどうだ!」といえる、そして「よく考えられ
た作品だ」と評価してもらえる、脚本創作に取り組んでほしいですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。