平凡と斬新の境目 | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 モノは切りようで丸にも四角にもなります。何をどう書くかで『平凡』にも
『斬新』にもなるということです。辞書によると、平凡とは「特にすぐれた所
がなく並みな様子」で、斬新とは「趣が際だって新しい様子」とあります。
 たとえば日々食べる「家庭料理」を平凡と考えるなら、洒落たレストランや
料亭で味わう「お出かけ料理」は斬新に相当するでしょう。味付け、盛り付け、
器の華麗さ、ムードあるBGM、眼下に望む夜景など、いずれをとっても毎日
食べる家庭料理と違う点で、どこか満足感や感動を覚えます。家庭料理がつま
らないのではありません。そこに日々の生活と違う「別の空間で体験する楽し
みがある」、その素晴らしさに注目してもらいたいのです。ドラマは『楽しま
せて何ぼのモン』『客をノーリアクションにするな』が前提なのです。
 「世の中」という名の冷蔵庫があるとします。「さあ、何を作ろうか」と思
ったとき、客(ディレクター、スポンサー)の注文に応えるか。お任せならば、
客(視聴者、時代)は何を食べたがっているかを考えます。新聞、雑誌、テレ
ビ、見るモノ聞くモノ、全てがネタ探しの対象です。また、流行りモノ、過去
の出来事、季節モノ、そして未来予測もできたら有効です。冷蔵庫の中からい
くつの料理を思いつき、どう料理するかで「ドラマ創りの名シェフ」と呼ばれ
るでしょう。
 「恋愛」という玉子を料理するときも、工夫を凝らしてください。以前放送
されていたテレビ番組『モグモグGOMBO(モグモグゴンボ)』(日本テレ
ビ/1993年4月~2003年9月放送)に登場して、懸命に料理を作る子どもの発
想は実にユニークでした。『着想の観点』からすれば参考になるものがあり、
何をどのように『創作』するかで客ウケは違うものでした。
 アイディア(着想)を凝らすことが、脚本家に求められる条件です。何がア
イディアかですが、「オムライス」を例に取りましょう。オムライスは、今や
珍しい料理ではありません。しかしご飯を取り巻く黄色い玉子が、パセリのみ
じん切りを多量に混ぜれば緑と化し、明太子なら赤になり、色彩や味の面でも
新たなものになるでしょう。中身のご飯も工夫を凝らせば中華にも和食にもな
り、さらには未知の料理になっていくでしょう。


 ドラマは虚構の産物です。発想を促すとき、世の中で実際に起こった事象を
ヒントにする場合があります。事例として不謹慎・不適切な面もありますが、
「食べ物に混入した毒物を食べて死亡者が出た」という事件が発生したとしま
す。この出来事を発端にドラマを考えたなら、ほとんどの人は「殺人事件のス
トーリー展開」を思い浮かべるでしょう。しかしここでは観点を別のところに
置き、次のような展開を考えてみます。以下は、どこにどう着地させるかは別
にして、ドラマ創りの考え方「着想と展開」の一例です。


★事例として不謹慎・不適切な面もあります。
 不快感を覚えた方は、速やかに退室することをお勧めします。


【着想と展開の例】
(1)食べ物に混入した毒物事件が発生し、現場は警察やマスコミや野次馬で
   大騒ぎになります。
(2)ところがみんなと同じように毒物を食べたのに、「身体に何の変調も起
   きない人がいたら」と考えます。根拠として、「この人は食べたと見せ
   かけて実は食べておらず、その人が犯人でした」では、ありきたりのサ
   スペンスドラマで平凡になります。そこで観点を、変調を起こさないと
   いう「理由」から「事象そのもの」に移して、「毒物を食べても死なな
   い人間の惨劇」の方向で考えます。つまり、人間の毒に対する慢性化と、
   逆に自然物への抵抗力の低下。そんな時代の到来に直面した人の苦悩に
   スポットを当てるのです。
(3)ドラマは虚構の産物「ウソっぱちの世界」といっても、『根拠あるウソ
   をつく』ことが大事です。「毒物を食べても死なない」と「そんな時代
   の到来」は、現代医学や社会では考えられない「真っ赤なウソ」です。
   したがって当然その根拠をドラマの中で見せる必要があります。
     ※ 探りの糸口としては、「人類の進化論」や「突然変異」などが考
      えられますが、この場はそれを探るのが目的でないので「その作
      業も必要である」に留めておきます。
(4)ドラマの側面となる「殺人事件の捜査」が行われる中、世間の注目は死
   ななかった人間に集まり、医学的解明が進められます。やがて殺人事件
   より大事件となっていきます。「世の中とはこんなものではないだろう
   か」という発想です。
(5)真相が解明されようがされまいが、当事者には今の現実が深刻な問題で
   す。毒物を食べても死なない、そして毒物しか食べられない、さらなる
   現実に直面していきます。つまり、漠然としたものですが「突然変異」
   という根拠を利用して、ドラマの中で「より具体的な現実を見せてこそ」
   真実味を増すと考えます。
(6)これが一人だから珍しいのですが、二人目、三人目と類似的な事象が発
   生します。「大異変か人類の危機か。地球規模に拡がった事変は、やが
   てクライマックスに向かい、直面した当事者や周囲の人々は……!!」と
   考えていきます。


【注意点】
  ◆実際の出来事を発端にしても、決してその現実に捕らわれない、惑わさ
   れない。
  ◆オイシイ部分をつまむ。
  ◆常に「もしも」を考える。
  ◆突飛な発想の裏づけを現実的に考える。
  ◆独創的すぎるとリアリティに欠けるので、その根拠をしっかりさせる。
  ◆根拠を基に逆転の発想を使いこなすことも必要。


 様々な観点から見る姿勢が、ワンパターンの作品を創らないコツです。しか
し、一旦この観点から書くと決めながら、構成や特に脚本に入って別の観点に
移るのは禁物です。毒物に免疫がある人間を観点に書き始めたのに、それを追
う新聞記者のユニークな個性に作者自身が惹かれてしまい、いつの間にか事件
を追う人間のスクープドラマになったのでは、ドラマを最悪にして何の意味も
ありません。
 考えていく中、要所要所で振り返り、自分が創ろうとする観点に沿っている
かの確認が大事です。「優れた料理人は、要所要所で味見をしながら作ってい
く」ものです。


 観点は『テーマ』につながります。「何かの事象を書いただけ」「ある人が
登場して動いて会話したのを書いただけ」ではテーマがあるとは言えず、単な
る「お話」「報告文」にすぎません。ドラマはテーマがあって成り立ちますが、
『テーマの観点』もちょっとした考え方と描き方で、いくつも打ち出せるもの
です。
 こう考えてみてください。
 リンゴを食べて感じることは、「甘い」「酸っぱい」「腹の足しになった」
「血が出たかな?」といったところでしょう。次に、串の棒に刺さったリンゴ
飴ではどう感じるかですが、「甘い」「酸っぱい」「腹の足しになった」……
これでは同じなので、イメージの範囲(観点)を拡げてみましょう。「縁日の
香り」「浴衣姿のおねえさん」「露天商の裸電球」「お父さんの肩車」なども
浮かびます。どこか懐かしく心に沁みる風情は浮かんできませんか。これらを
匂わせてテーマにつなげていきます。
 この印象を踏まえて、「もしも家でお母さんがリンゴ飴を作ったら」と考え
ます。それが、空腹感を癒すだけのオヤツでなく、縁日の懐かしさも思い出し
て欲しいと願う、母親の優しいメッセージなら、母親の料理も『平凡』でなく
なります。そして「お母さん、凄い。美味しいよ。お祭りの日みたいだね」と
子どもが喜ぶことで、素敵なドラマ性が生まれてくるのです。



坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。