純真な笑顔 | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 昼休み前、春うららかな陽差しの中、育児休暇中のまーくんがバスと路面電
車を乗り継ぎ、ベビーカーに赤ん坊を乗せてやって来ました。六ヶ月ともなる
と顔立ちもはっきりして、どちらかといえばお父さん似かな。
 みんながまーくんを取り囲み、というよりつぶらな赤ん坊に執心です。マナ
コ(愛娘)も抱っこしては「可愛いねえ」を連発していました。さすがといい
たいのは、マナコの天敵で教育係りのまっちゃんです。子どもの扱いも手慣れ
たもので、抱かれた赤ん坊も居心地がいいのか、安心して身体を預けているよ
うです。


 ──今日は、いろんな顔があるなあ。


 そんなところでしょう。赤ん坊もぐずることなく、入れ替われ立ち替わり覗
き込んでいくみんなの顔を見ては、純真な笑みを振りまきます。
 いいもんですね。赤ん坊も、そして小さな命を見守り愛するみんなの様子、
さらには赤ん坊を抱き母性が漂う女性たちの姿も……。ストレスの多い仕事で
すが、十分に癒されたひとときでした。


 まーくん、遠いところを来てくれて、ありがとう。

坂本 博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス