自動車会社で3カード(ドラフト) | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 プロ野球2006年度の大学・社会人ドラフト会議が行われ、広島カープは次の
4選手を指名し、交渉権を獲得した。ブラウン監督は「今日は 101点。1点分
は左の青木を取れたボーナス。(自動車会社から4選手を指名し)マツダ以外
は全部取ったよ」(毎日新聞・各チーム監督コメントより)と満足のようだ。
(なんじゃそりゃ……でもオモシロイ)


◆希望枠 宮崎充登 投手 (ホンダ鈴鹿)
◆3巡目 上野弘文 投手 (トヨタ自動車)
◆4巡目 青木高広 投手 (日産自動車)
◆5巡目 中東直己 外野手(ホンダ鈴鹿)


広島ブラウン監督は満点以上/ドラフト 【日刊スポーツ】
ドラフト会議:計57選手を指名 日ハムが最多の7人指名 【毎日新聞】


【注】現在のカープオーナーの松田元氏は、自動車会社マツダの創始者の一族。
   マツダ三代目社長で前のカープオーナー故・松田耕平氏の息子。ただし、
   現在松田一族はマツダの経営とは無関係。

坂本 博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス