脚本と小説の芸術性 | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 脚本のト書きはほとんどが現在形や現在進行形で書きます。「○○である」
「○○する」「○○している」の形です。これは、主たる読み手となる役者や
スタッフに、シーンの状況説明やこれからの動作指示を目的とした文章である
からです。
 一方小説の描写は、現在(進行)形や過去(進行)形、疑問形、推量形、体
言止めなど様々な形態を使い分けて、その状況を巧みに魅力的に表現します。
そのときに現在形で「○○する」と書くか過去形で「○○した」と書くかは、
作者の感性と読み手の感受性をどうくすぐるかの判断によります。つまり文章
での表現方法(書き方)においては、脚本以上に芸術性を必要とするところも
あるのです。
 だからといって脚本を書くとき「文章はどうでもいい」わけではありません。
脚本(ドラマ)の芸術性は、書かれた内容を「映像化・音声化」して問われる
ものですが、それがイメージできない表現方法(文章)では無意味というもの
です。役者やスタッフに誤解のないようメージしてもらうためにも、簡潔に、
しかも的確に伝える必要があるのです。その点からすれば、脚本は「芸術性を
生むための指示書」といえます。


 脚本と小説の表現の違いについては、以前に解説したもの(下記)をご覧く
ださい。


冬の花火(小説形式)
冬の花火(脚本形式)-脚色の考え方(1)
小説と脚本の違い
脚色の考え方(2)
脚色の考え方(3)
脚色の考え方(4)
脚色の考え方(5)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.