何を目指すか… | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 塾生のtomokoさんが取り組んでいる電子書籍出版向け小説の初稿ができあが
り送られてきた。一読したところ、荒削りではあるがストーリー展開は(細か
いところは別にして)ヨシとできるだろう。
 ただ、描写の書き方で作文的なのが目立ち気になる。ある売れっ子作家の文
体もそんな感じではあるが、諸々の理由から私は納得できない。テーマ素材が
社会的なだけに、もっと成熟した文体と時折感じさせる深みのある表現が望ま
しい……。


 初稿の完成は、マラソンでいえば30キロに到達したくらいだろう。残り12キ
ロ余りを「あと12キロ」と考えるか、「まだ12キロある」と感じるかは作者次
第だ。いずれにしても、これを乗り切る者こそが「創作とは何か」「プロとは
何か」を実感できる道のりではなかろうか。

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス