ふわもてヘア | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

「お父さん……ケバイって言われた」
 先日パーマをかけたマナコ(愛娘)が、街を歩いている彼女を見かけた知り
合いに言われたのだ。心なしかショックを受けているようだ。
 そういえば数日前、雑誌に出ているモデルのヘアスタイルを見て、どんなふ
うにしようかとページをめくっていた。翌日、ふーん、そんな頭にしたんだと
眺めていたら、そう愚痴ってきた。
「どう思う……」
「ケバイとは思わんが、枝毛? はね毛?」
「おくれ毛」
 間髪いれずマナコが返した。私は首をかしげながら続けた。
「そんなんが多すぎやせんか」
「そういうスタイルなのッ」
 口を尖らせてはねた、いや、ファッションとしてはねさせている髪の毛を指
にクルクル巻きつけていた。派手目のヘアスタイルと裏腹に、その仕草はいじ
らしいものが伺えた。
「ところで、そういう頭、なんちゅうんや」
「……これはねえ。ふわもてヘア」
「なんじゃい、そりゃ」
「ふわふわもてもて」
 マナコ、意地の命名であった。私は、前向きな姿勢に笑みを浮かべた。
「なるほどね。OKです」


 ──まあ、二週間もすればヘアスタイルも気持ちも落ち着いて、また明るい
マナコに戻るだろう。

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス