チェンジ「に/は」 | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 文章は「書き方」によって様々な意味合いをみせてくれる、まるで「生きも
の」のようなものです。
 たとえば、【椅子に座る】なら文法的に成立しますが、【椅子は座る】の表
現はありません。しかし、動詞「座る」を名詞形「座るもの」とするならば、
【椅子は座るもの】で正しくなります。


◆椅子に座る(○)
◆椅子は座る(×) → 椅子は座るもの(○)


 では、助詞「に」に対してこの変化を適用してみると【椅子に座るもの】と
なりますが、これだけではどこかしっくりきません。そこで語尾に断定の助動
詞「です」を付記すると【椅子に座るものです】となり、「は」より適切な使
い方といえます。


◆椅子に座る(○) → 椅子に座るもの(△) → 椅子に座るものです(○)


使用例:「座りなさい」と椅子を出されたら、椅子に座るものです。

坂本 博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス