一握りの知名度 | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 塾生のライ麦畑さんと創作に関するメールをやりとりする中、この春から大
学生になった彼が、新しい友達作りやサークル巡りで満喫する様子を伝えてく
れた。演劇部に入ると決めたようだが、落語研究会に見学にいったとき「脚本
を書いている」との話したからいろいろと話が展開して、その中の小説に詳し
い人が「坂本作品を知っている」とのことだった。


 ……売れっ子脚本家でもなければ、有名作家でもない。それでも、私の知ら
ないところで私のことを知っている人がいる。素直に喜ばしい。この瞬間が堪
らないから続けてきた。そして、これからも続けていけるのだ。(微笑)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス