交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

「てにをは」の中でも、特に使い分けが難しいのが「は」と「が」でしょう。
使い方で意味合いも微妙に違ってくるものです。


─────────────────────────
《 例 》明日の合コンに行く人は?
    A:私は行きます  … ○  
    B:私が行きます  … × 問いかけの趣旨を把握していない。
    C:私は行きません … ○
    D:私が行きません … × 文法的に誤り。
    --------------------------------------------------------------
 問いかけは、参加者が何人いるかを募るものです。代表して参加してくれる
者を募っているのではありません。Bのニュアンスは、後者の趣旨に沿った返
答です。問いかけが「誰か先生を呼んできてくれないか」なら、Aが不適切な
返答となり、Bは適切といえます。
 Dを文法的に正すには、【私が行くことはありません】のように「私が行く」
と「それはありません」の二文を、「こと」を使って「私が行く」を名詞化し
て繋ぎ合わせれば可能です。ただしこの場合、二つの主語が存在します。「行
く」に対する「私」と、「ありません」に対する「私が行くこと」で、問いか
けの趣旨に沿った返答(全体の意味として)の主語は「私が行くこと」になり
ます。これで、変更後のDは文章として成立しましたが、意味的にはCと同じ
なので『回りくどい文』とも受け取れます。しかし、変更後のDには意思の強
さを感じます。回りくどさを取り除き、より強い意思を表すなら【私の参加は
ありえません】とするのが適切でしょう。
 Dの最終変更で「私の参加」に着眼してください。それまで「私」と「行く
こと」を関連づけるのに「が」を用いていましたが、文意を踏まえて「行くこ
と」を「参加」に替えると、それを関連づける助詞は「の」になります。


◆私が行くことは伝えてある → 私の訪問は伝えてある
◆私が行くところは東京です → 私の目的地は東京です
◆私が行くときは見送ってね → 私の出発時は見送ってね
◆花が咲くころは暖かい   → 花の開花時季は暖かい
◆時が経つのは早い     → 時の経過は早い


 何でもかんでも「名詞」を使う必要はありませんが、一本調子の文章にしな
いためにも「てにをは」をどう用いて語句を繋げるか考えてほしいものです。
その試行錯誤で、きっと語彙も拡がるでしょう。


─────────────────────────
《 補足 》
 ……一本調子で気づいた面白い文(歌詞)があります。「は/が」のニュア
ンスに触れて紹介しておきましょう。


雨は降る / 雨が降る


 一般的には「雨が降る」と使い、その事実を伝える印象になります。「雨は
降る」と使うときは、そのあとに「もの」などを補って「雨は降るものです」
と性質を断言したり、「なぜ雨は降るの?」と質問形であれば違和感は取り除
けます。
 ところが「雨」ではなく「雪」とした場合、同じように進行中の事実を伝え
ているのに、「雪は降る」でも違和感を抱くどころか、ドラマチックに聞こえ
ます。年輩の方ならご存じでしょう。アダモの名曲『雪は降る』を、昔とはい
え聞き慣れているせいではないでしょうか……。
 その名曲を日本語歌詞にしたのが作詞家の安井かずみです。歌詞は、「雪は」
だけでなく「あなたは」「鳥は」「夜は」と『は』を続けて使いっています。
そして最後に『が』を用いて強調し、「雪」の印象を深めています。
 一本調子も使い方次第で感銘を与える作品に大化けする事例でした。


♪雪は降る  作詞・サルバトーレ・アダモ / 日本語詞・安井かずみ


 雪は降る あなたは来ない
 雪は降る 重い心に
 むなしい夢 白い涙
 鳥はあそぶ 夜は更ける
 あなたは来ない いくら呼んでも
 白い雪が ただ降るばかり
 ラ…ララ ラ…ララ
 ラ…ララ ラ…ララ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。