魅力ある文章を書くために | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 どんな文章にせよ、第三者に読んでもらうとなると、書き手としては自分の
意思や感情、あるいは作品内容を誤解のないよう受け止めてもらい、さらには
読み手の感性を魅了させたいですね。
 文章の奥深さは無限大に拡がっています。だからといって、その世界を覗か
ず知らずして書くのはどうでしょう。最終的に魅力ある文章を書くためには、
まず基本を身につけることが最善の策といえます。つまり、どんなにしゃれた
言葉を連ねても、その周囲を固める文章がぎこちなかったらせっかくの名文句
も台無しになります。


 ということで、このテーマでは『文章の書き方』について気づいた点を提言
していきましょう。少しでも参考になればと思います。

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス