交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 創作とプログラムの世界に携わって二十年以上になる。私は、どちらも『論
理』を前提に考えるが、大きな違いはその結果にある。創作は「1+1=α」
で、「α」は無数にあり「ユニークさ」「面白味」「斬新」などが重視される。
一方、会計用プログラムでは「1+1=2」であり、常に 100点の答が要求さ
れる……。


 月が替わった2月1日の夕方、大阪本部から一報が入り「仕訳日記帳の現金
預金で繰越額と当日残高が違っている」とのことだった。直ぐさま大阪本部の
データにアクセスして、該当の帳票を出力してみた。1月31日の入出金を経た
残高は正しいが、2月1日に移った繰越額が間違っている。当然1日の入出金
後の残高も違う。続けざまに経理部から連絡が入り、サーバーに移行した営業
所のうちいくつかが同様に誤数値になっているとのこと。
 ──!?
 口を真一文字に結んだ。
 先月半ばから、順次営業所のオフコン・システムをサーバーに移行し新シス
テムで運用しているが、変更したプログラムが月初から決算を行うまでの期間
に発生する前月末日整理分と当日整理分の伝票を正常に処理していない。つま
り、プログラムにバグがあるのだ。
 業務は日々動いているので早急に対処しなければならない。私を含めて4名
の会計処理担当で手分けしてバグ探しにかかる。誤処理は帳票表示だけか、マ
スターファイルに影響していないか……。誤数値を表示した営業所と正しく表
示している営業所の違いは何か……。会計監査に用いるこの帳票の扱いをどう
するか……。そして、バグはどこにあるか……。班員に指示して復旧作業に動
いた。担当違いの情報システム部員も「何か手伝おうか」と申し出てくれる。
 ──ありがたい。
 トラブルがあると、人の裏側が垣間見れる。結束力も強まる。不謹慎な思い
だが、人はトラブルを経験してこそ成長するものだと、つくづく感じる。


 結局、これだと確信できるバグは見付からなかった。これではないかと思え
る箇所を変更したが、『だろう』では何の足しにもにもならない。翌日も誤数
値を表示したら、さらなる非難を浴びるに違いない。不安に苛まれながら、翌
日同じことが起こったときの対応を考えた。今度こそバグを見つけなければな
らない。そのための情報収集として、処理前のマスターファイルと処理中のワ
ークファイルを退避するよう指示した。
 年明けからの移行作業でみんな夜遅くまで働き疲れている。この日はそれが
精一杯の対応だ。
 ──そんな日もある。
 それぞれが自身に納得させながらも、悔しさを噛み締めて引き揚げることに
した……。

                             《 つづく 》


----------------------------------------------------------------------
人気Blogランキング ← 「バグ探し」の経験のある人は1票投じてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。