発想は一曲の音楽 | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 物語『冬の花火』の発想は音楽でした。公式サイト『交心空間』の物語鑑賞
でBGMを提供してもらっている夢幻さんにいただいた曲 ♪Cosmic Spiral♪
からイメージして作ったものです。


夢幻のオルゴール工房


 曲はタイトルにあるとおり「Cosmic(宇宙)」をイメージしたものです。何
度も聴いているうちに、「メロディ部分から雄大な空間をゆったり流れる雲と、
テンポ部分からその中を駈け巡る白馬」をイメージしました。まずこれが最初
のイマジネーションでした。
 物語は「宇宙と花火」を素材にしたものです。宇宙は雄大さを表現するとし
て、それでいいでしょう。では何故白馬が花火に変わったかです……。もし白
馬を素材にしていたら、広い宇宙に漂う星雲を駈け巡る白いペガサスになり、
それこそ「織姫と彦星の話」もどきになったかも知れません。そうしなかった
のは、この素材で創った場合、出来上がった作品は現実性から懸け離れる気が
したからです。それはそれでいいのでしょうが、もっと違った何かがあるので
はないかと思いました。
 さらに曲を聴き返しましたね。そして、曲の後半辺りから何かを発信するよ
うな高音に惹かれました。キラキラッと光っては消えゆく閃光のイメージです。
これが「花火」に結びつきました。花火は、誰もがやった現実です。そして宇
宙の花火といえるのが、星の誕生と滅亡でしょう……。この二つの素材を膨ら
ませることに決めました。


 どんな曲(↓)か聴いてみたい方はこちらからどうぞ。

冬の花火(BGM付き) ♪Cosmic Spiral♪

坂本 博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス