ライブに来んさい | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 テレビドラマ脚本『ライブに来んさい』の要約版プロットを全20節に分けて、
ブログテーマ「プロット」に公開していきます。更新(公開)は気まぐれで他
の記事と混在すると思いますが、各節に設定した見せ場(惹き付け要素)や、
それらを引き継いで展開するストーリーの捉え方の参考にしてください……。
では、お楽しみに!


*--------------------------------------------------------------------*
テレビドラマ『ライブに来んさい』(要約版プロット)


 フォークソング全盛といわれた1970年代に、吉田拓郎や浜田省吾もいた「広
島フォーク村」の村民だった修(48歳)は、家族に迷惑をかけながらも、アマ
チュアミュージシャンとして今だにライブ活動を続けている。修とその家族を
中心に、広島で音楽に係わりながら生きる人々の姿を、明るいタッチで描く。


◆登場人物◆


石塚 修(48歳)
石塚道子(44歳) 修の妻。
石塚美音(17歳) 修の娘。高校生。
石塚 弦(14歳) 修の息子。中学生。


桂木良太(52歳) ライブハウスのマスター。


瀬戸雅彦(46歳) 修の友人でデュオを組んでいた。
瀬戸淳雅(12歳) 雅彦の息子。小学生。


山岡一恵(46歳) 昔からの修のファン。
山岡弥生(17歳) 一恵の娘。高校生。
山岡光司(50歳) 一恵の夫。


松井祐子(29歳) テレビ局のディレクター。


その他、広島の音楽仲間など。

坂本 博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス